パートナー枠

フェイスブック

【富山でタピオカドリンク】インスタ映え必見の人気スポットまとめ

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、ここ最近、若い女性を中心にタピオカを使ったドリンクが人気を集めていることをご存知ですか?

タピオカは1990年代に一時的にブームとなりましたが、2016年あたりから日本での人気が再燃。

タピオカブームを生み出したと言われる台湾から有名ブランドの進出が東京を中心に相次いでいました。

もちろんその波は富山県にもやってきているのです!

ということで、今回はタピオカドリンクが飲める富山のカフェをまとめてみましたので紹介します。

目次

Fabulous
グラッチェ グラニータ
チーターズ





Fabulous

富山から可愛いを発信し続ける富山駅前のカフェ「Fabulous」

「東京や海外で流行っているカワイイものを富山でも提供したい」という強い思いで、色んな商品が登場します。

こちらのクマさんのボトルに入ったタピオカ入りミルクティー「くま×タピ」もFabulousの新メニューとして登場しました。


「インスタ映え」「フォトジェニック」で、いつもワクワクさせてくれます。

ちなみにFabulousの代名詞としいえば、韓国で人気のスイーツ「ボンボン」であり、「いちごボンボン」はFabulousの代名詞と言っても過言ではありません。

一躍有名にさせた「いちごボンボン」は2時間待ちになるほどの大人気商品で、インスタで富山カフェを調べてみると高確率でこちらの写真がアップされているほどでした。


また健康を考慮した低GI・低カロリーの食品を提供しており、フォトジェニックなスイーツというだけでなく女心をくすぐってきます。

ヘルシーに豆乳ホイップを使い、旬のフルーツをふんだんに使ったボンボンもぜひ食べに行ってみてください。
富山からカワイイを発信し続けるカフェ【Fabulous】




グラッチェ グラニータ

グラッチェ グラニータは、2018年夏に総曲輪レガートスクエアの2Fで期間限定でオープンしていたかき氷屋さんです。

そんなグラグラが、移動式トラックになって2019年2月に帰ってしました!

タピオカドリンク、フルーツたっぷりのスイーツトーストなど手軽にキュートなテイクアウト品を味わえるお店に大変身!


発売からすぐにグラグラの人気商品となった「タピオカドリンク」

ドリンクパッケージに描かれている女の子がベレー帽+サングラスだったのをinstagramで見つけたので、私も家からベレー帽とサングラスを持参しました。


総曲輪グランドプラザに移動式トラックとなり帰ってきたグラグラ。

ここが富山の「テイクアウトの聖地」となる予感がします。

春にはパフェが登場予定で、夏にはかき氷が登場予定だそうなので、また機会があれば行ってみてください。
【グラッチェ グラニータ】移動式トラックで新たなお店に大変身!




チーターズ

Cheetah’s TOYAMA SOGAWAは、タピオカドリンクとチーズドッグがいただけるお店です。

金沢店に続き2号店となるお店が、2019年2月9日に総曲輪にオープンしました。

おしゃれなニューヨークスタイルで、全国で話題を呼んでいる韓国グルメ「チーズドッグ」とタピオカドリンク、テイクアウトドリンクを提供しています。


店内には壁側にベンチがあって、イートインも可能です。

チーターズのタピオカドリンクは、ミルクティーベースと、ミルクベースがありまました。

チーズドッグとまた相性が抜群なんです。


平日に訪れたにも関わらず、店内はお客さんでいっぱいのチーターズ。

若い世代が多く訪れていましたが、男性のお客さんが多いのも印象的でした。

揚げたてのチーズドッグ&モチモチのタピオカドリンクを堪能してみてください。
【チーターズ富山総曲輪】タピオカとチーズドッグの店に行ってきた




まとめ

ということで、まだまだタピオカブームは続いて行くでしょう。

富山県は台湾からの観光客も多いので、もしかしたらタピオカの聖地になるかもしれませんね。

ぜひこの流行に乗って、みなさんもインスタなどのSNSに投稿してみてください。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る