【富山へ旅行】行く前に絶対知っておきたい9つの知識をご紹介




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、富山県に旅行しにいこうって考えてませんか?考えてますよね。

ただ少し待ってください。

いきなり学生のように「今から富山いかね?」ってノリで行ってもいいのですが、せっかくなので移動しながらでもいいので見ていってほしい内容があります。

また、もし富山への旅行を検討しているのであれば、なおさら見ていってください。

富山県民であるわたしが、みなさんのために富山県に旅行する際に知っておきたいことをまとめておきました!

きっと富山の旅行が楽しいものになりますよ。

目次

1. 意外と近いんです
2. 富山の気候は?
3. おすすめ観光地
4. 富山のお祭り
5. 外せないご当地グルメ
6. 回転寿司で十分うまい
7. 富山のお土産
8. 出張でも楽しい
9. おすすめ宿泊ホテル





1. 意外と近いんです

東京や大阪、愛知に住んでいる人にとって、富山県はどのようなイメージがあるでしょうか。

なんとなく「富山県って遠いところ」と思っていませんか?

実は全然遠くありません。



画像引用 「とやま観光ナビ」より

東京の場合
その証拠に、東京駅からだと富山駅までのは、北陸新幹線「かがやき(全席指定席)」で約2時間8分。

飛行機だと、羽田空港から「富山きときと空港」まで、約1時間です。


大阪の場合
大阪駅からだと富山駅へは、特急「サンダーバード」で金沢へ。そこから北陸新幹線で約2時間55分。

車で来るなら、名神高速道路・北陸自動車道を経由して、約4時間15分です。


愛知の場合
名古屋から富山県内へは、「富山地方鉄道」「加越能バス」「イルカ交通」「名鉄バス」「JR東海バス」などが運行しており、比較的リーズナブルに利用することができます。

電車を利用する場合、米原駅・金沢駅を経由して、特急・新幹線を利用すると、約2時間40分。

高速バスや車なら、名神高速道路・東海北陸自動車道・北陸自動車道経由で約3時間です。




2. 富山の気候は?

続いて、富山の気候を見ていきましょう。

気温はというと、夏は暑くて冬は寒いという典型的な気候ですが、冬は雪が降るため降水量が多くなります。

富山県は日本海側に位置していて冬の間の積雪も多いので、「北国」というイメージを持っている人も多いかと思います。

しかし、冬の最高気温と最低気温、平均気温も東京と3〜4度くらいし変わりません。

よくよく考えれば緯度が北関東と一緒なので、宇都宮や長野と同じ気温と言えます。

ただ山間部に行く場合は話が変わります。

富山市内など平野部を観光するなら、冬であっても一般的な防寒具でいいのですが、黒部峡谷や立山黒部アルペンルートなどに行く際には注意が必要です。

また詳しい富山県の気候に関しましては、こちらにまとめていますので、気になる方は確認してみてください。
【富山の気候】服装など観光する前に知っておきたいことまとめ




3. おすすめ観光地

富山県に来たならば必ずどこかの観光地に行きますよね。

観光地としては、トロッコ電車で有名な黒部峡谷や日本一の透明度の宇奈月温泉、雪の壁に覆われた立山アルペンルートがよく知られています。

しかし越中五箇山相倉集落が世界遺産に登録されていることや高岡山瑞龍寺がめちゃくちゃインスタ映えスポットだということはあまり知られていません。

実際に富山の観光地に行った内容記事や富山県民であるわたしの生の声がわかりますので、そこらへんのまとめサイトにはない情報があります。

こちらの記事にまとめていますので、ぜひご確認ください。
【富山観光】アートにインスタ映えも!王道スポットまとめ




4. 富山のまつり

富山県に旅行に来るならば、ちょうどお祭りなどのイベントがある日が特別感があっていいですよね。

富山を代表するお祭りといえば『おわら風の盆』ですが、富山市南西部の山あいの町で300年余踊りつがれてきた伝統行事です。

ただこちらのお祭りは3日間しか行なわれませんし、平日の場合もあります。

そこで言いたいのが、他にも面白いお祭りが富山県にはいっぱいあるということです。

例えば、富山の『新湊曳山まつり』は、竹野内豊・江口洋介・松坂桃李・ビートたけし・優香などの俳優人によって映画化されたすごい祭なんです。

といったように、富山県には他にもいろんな祭がありますので、ぜひこちらを参考に祭の日に旅行ってのもいいですよ。
【富山のまつり】伝統的な踊りや映画化された祭まで!おすすめまとめ




5. 外せないご当地グルメ

続いて、絶対に外すことができない富山県のご当地グルメです。

富山県は魚がおいしい、お米をたくさん作っている、日本酒が豊富などあるかと思います。

ただ富山県の食材がおいしいのにはちゃんとした理由があります。


①富山湾が魚の宝庫である

②立山連峰の雪解け水がある

③質を極める富山の県民性



これらを理由に富山県のグルメは非常に繊細でおいしい味わいとなっています。

特に富山県と言えば、氷見の寒ブリやホタルイカ、シロエビなどの魚介類が有名でこれは絶対に食べた方がいいですね。
【富山の魚】春夏秋冬でマジでおいしい海の幸をご紹介!天然の生け簀

その他にも、ます寿し、昆布締め、宇奈月ビール、富山ブラックラーメンなどもうたくさんありますのでどれか1つでも食べてみてください。
【富山の名物】ガチで選定した地元の名産品グルメまとめ




6. 回転寿司で十分ウマい

さきほど、富山県は魚がおいしいという話をしましたが、中でも回転寿司はリーズナブルでたくさん食べられてお得です。

回転寿司ってジャンクなイメージを持つかと思いますが、富山県の回転寿司は他の県と違ってめちゃくちゃおいしいんです!

個人的には、富山の回転寿司は日本一おいしいと思っていまして、その理由として漁港からの距離が近いことが言えます。

つまり東京や大阪だと漁港からの距離が遠くて鮮度が落ちてしまいますが、富山の回転寿司は富山湾から直送するため鮮度が全然違うんです。

そんな富山県の回転寿司をランキング形式にしてまとめた記事を書きましたので、ぜひこれを参考に寿司を食べに行ってください。
【富山の回転寿司】地元民が評価するおすすめランキング




7. 富山のお土産

富山県に旅行に来たならば、やっぱりお土産は買って帰りたいもの。

しかし、お土産屋さんにはいろんな食べ物があってどれを買って帰ればいいのか全然わからないかと思います。

そこで、実際に買って食べてみて良かったモノたちを厳選して富山のお土産をまとめてみました。

個人的に一番お土産として外れないのは『しろえび紀行』ですね。
【富山のお土産】王道からネタまで地元民が食べてみた16選+α




8. 出張でも楽しい

ちなみに、東京、大阪、名古屋などから仕事で富山に行く予定の方へ。

バッチリ出張用のプランも考えております。

まずは電車で富山に来るなら、車内ではビールとホタルイカの素干しです。

あとお昼ご飯を車内で食べたいなら、ますの寿司の一択ですね。

さらに駅周辺の観光地や絶対に泊まってほしいビジネスホテルなどもまとめていますので、ぜひこちらを参考にしてください。
【富山へ出張】宿泊やグルメなど知っておきたい7つのこと




9. おすすめ宿泊ホテル

旅行で気になるのは泊まるところですよね。

もちろん最高級のホテルに泊まりたいって人もいるかもしれませんが、とにかく安く済ませたいって人もいると思います。

そこでこちらにはニーズに合わせたおすすめのホテルをまとめてみました。

まずはせっかくだから富山県の最高級のホテルや旅館に宿泊したいって人はこちら。
【富山の最高級ホテル】スイートルームもある本物の贅沢な時間がここに

続いて、とにかくアクセスがいい駅前に泊まりたいって方はこちら。
【富山駅前ホテル】駅周辺のアクセス便利な宿泊施設ランキングまとめ

そして最後にとにかく安く、しかも1泊3000円以下のところをまとめました。
【富山の最安値ホテル】3000円以下の激安で泊まれる宿泊施設まとめ




まとめ

ということで、みなさんは富山県へ旅行に行く準備ができましたか?

まぁネット上の情報だけでなく、やっぱり現地に行かないとわからない感動や興奮が旅行にはあるかと思います。

ぜひTwitterやSNSで富山県のことをシェアしてPRしてねぇー!!!

ちなみに旅行の予約は、クーポンがありポイントも稼げる楽天トラベルが断然お得です。

楽天トラベルで予約

関連記事一覧