【富山で除夜の鐘】大晦日の夜に行く!イベントもあるスポットまとめ




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、除夜の鐘(じょやのかね)を鳴らしに行ったことはありますか?

日本仏教にて年末年始に行われる年中行事の一つで、最近だと家でゴロゴロ年を越す人が多いかと思いますが、昔はみんなで鳴らしに行ったものです。

そんな除夜の鐘は、富山県内のどのお寺でも鐘があれば誰でも鳴らすことができます。

しかしどうせなら有名でイベントもあるようなお寺で鐘をつきたいですよね。

ということで今回はそんな富山県内でおすすめの除夜の鐘スポットを紹介したいと思います。

目次


瑞龍寺
慈興院大徳寺
瑞泉寺


瑞龍寺

富山県で一番有名なお寺といえば、瑞龍寺ですよね。

こちらの国宝であるおてらも12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟む時間帯に、寺院の梵鐘を撞(つ)くことができます。

夜の23:30にご住職が読経し、読経が終わってから除夜の鐘が始まります。






慈興院大徳寺


画像引用 「大徳寺」より

こちらは魚津市にある慈興院大徳寺なのですが、除夜の夜には「除夜の鐘」ならぬ「除夜のカレー」が!

特設サイトもできており、今年も開催が決定し毎年恒例行事となっているようです。

富山県にしては面白いイベントが開催されており、これはみんな行ってみるべし。

除夜のカレー




瑞泉寺

南砺市井波にある瑞泉寺でも鐘を撞(つ)くことができます。

大晦日23:00から元旦0:30ごろまでm北陸最大の鐘楼堂で除夜の鐘を鳴らすことができます。

彫刻の町井波の寺院らしく、素晴らしい彫刻に囲まれながら年を越してみてください。






まとめ

さて除夜の鐘を鳴らしたなら、今度は初詣はいかがでしょうか?

お寺に行ったり、神社に行ったりと忙しい日本人ですが、ぜひこちらも参考にしてみてください。

関連記事一覧