パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠



【穴の谷の霊水】あなんたんの奇跡の水を無限に飲んできた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは『水』をよく飲んでいますか?

「そんな縄文人じゃないんだから、そんな貧相な飲み物じゃなくて大人はビールとかコーヒーでしょ!」って人もいるかもしれませんが、まぁ待ってください。

実は、人間の体の60%は水でできていると言われています。

つまり、もし綺麗な水を飲めば人は綺麗になり、ドブ水を飲めば下痢になるでしょう。それくらい水を摂取することは重要なのです。

そんな水ですが、富山県には名水は数あれど、県外でも有名なほどの奇跡の水は多くありません。

その1つが穴の谷の霊水(あなんたんれいすい)なのですが、本日は実際に足を運んで飲みに行ってきたので、どんな味だったかなどを紹介していきたいと思います。

目次


1. 穴の谷の霊水とは
2. 場所
3. 開場時間
4. 通販でも購入可能
5. 行ってきた
    5.1. 台車とポリタンク
    5.2. 水を飲んでみた
    5.3. コンベアも使える
6. まとめ





1. 穴の谷の霊水とは


画像引用 「穴の谷の霊水」より

穴の谷の霊水は、富山県の上市町にある北アルプスの剱岳に抱かれた山間に湧く水です。

江戸時代、美濃国の白心(はくしん)法師がこの地で修業して以来、霊場として知られるようになり、寝たきりの女性がこの水を飲み歩けるようになったという話から、万病に効くと信じられています。

4年間腐らないといわれるほど不純物の少ない水で、昔は修行僧が飲んでいた霊水ですが、最近は一般の方でも気軽に飲むことができるようになりました。

参道から108段の石段を下った谷間に薬師如来堂があり、そこに祭られた薬師如来像右横から湧き出る清水は飲みやすいように蛇口まで引かれています。

また環境省の名水百選にも選定されていて、全国からたくさんの人々が訪れています。

『薬師如来に病気平癒を一心に祈願して霊水を口に運ぶ』というように、不治の病いが治った例は全国に限りなく、日々参詣者の耐えることがない奇跡の水としても有名なのです。




2. 場所

住所
富山県中新川郡上市町黒川

車の場合
富山地方鉄道上市駅から車で15分後参道を徒歩5分
北陸自動車道立山ICから車で18分後参道を徒歩5分
有料の駐車場(200円)が併設されていますので、そちらに車を停めてください。






3. 開場時間

自然の湧き水ではあるのですが、夜は山道が危険なため開場時間が設けられています。

開場時間
7:00~17:00

定休日
年中無休




4. 通販でも購入可能

こちらの穴の谷の霊水は、わざわざ富山県に来なくてもネットで購入することもできます。

一応、こちらのホームページより水を購入することができますが、あんまり整備されていませんね。

現在、穴の谷弘真会の公式ウェブサイトをリニューアルしているところらしいですが、電話かメールで今のところ注文を承っているようです。


また楽天などの通販では、穴の谷の霊水を使用した醤油などが売られていました。

確かに水を使えば、なんでも商品にできそうですし、日本酒なんか作ってくれればそりゃ買ってみたい。





5. 行ってきた

そんなわけで、わたしは上市町の山奥に車でやってきました。

そうやらここに全国でも珍しい『奇跡の水』が存在するようですね。

穴の谷の霊場にあるから「穴の谷の霊水」と呼ばれており、読み方は「あなんたんれいすい」と絶対わからないやろ。

また、名前だけ見たら完全にヤバそうな場所で、ちょっとだけコワイですね。水には霊を呼び寄せる力があるらしいので、もしかしたら霊がブレンドされた水なのかもしれません。




5.1. 台車とポリタンク

入口には水を大量に持ち帰れるように、ポリタンクが売られており、台車の貸し出しも行われていました。

ポリタンクは1L用が150円で、4L用が450円、10L用が600円、20L用が1,000円です。

また台車は1往復で200円となっていました。

ええ商売しとるやんけ…。

まぁ上級者であれば、自分で台車とポリバケツを持ってくるのでしょうけど、まぁめんどくさいので借りてしまいますね。


とは言っても、わたしはそんな大量の水が欲しいわけではなく、その場で大量に飲みたいので手ぶらで穴の谷の霊水へ向かいます。

実は穴の谷の霊水は、駐車場から400mもの道のりを歩いて到着するため、割と大変です。

観光客であれば、ほんと水辺までの一直線の道を作るか、ここまで水を引いてほしいところですが、それではありがたみが無くなってしまいますね。

あとこれは予想なのですが、そうしてしまうと水の価値が激減してビジネスとして成り立たなくなってしまうので、あえての徒歩ですね、きっと。


ただそんな山道は結構舗装されていて、「普通に車でいけるんじゃね?」と思ってしまう。

台車は通っていいのに、車はダメなのかよ。年寄りには厳しい道のりじゃわい。

折りたたみ自転車とか持ってきてもいいかもしれませんが、普通に怒られそう。


道端には、相も変わらず、お地蔵さんがたくさんいます。

はっきり言って、コワイです。お地蔵さんコワイです。なんか見た目はおっさんのくせに、小さいところがコワイです。


そうして道端には、どんどんお地蔵さんも増えてきて、きっとこれは穴の谷の霊水が近づいている証拠でしょう。

お地蔵さんも水を求めて、動いているのです。

しかしこれ、マジで1人で来たら本当にコワいなぁ。普通に2人以上で来た方がいいですね。すれ違う人たちも老人が多いので、なおのことです。




5.2. 水を飲んでみた

そうして、ようやく到着しました。

だいたい徒歩10分くらいですかね、なんだかお地蔵さんが多いので遠いような気がしたのですが、意外と近いです。

ただ奇跡の名水がここにあるというのに、なんかCokeColaの自動販売機があるような・・・いや、気のせいですね。

こんな名水の近くに他の飲料が売っているわけありません。もし自動販売機があるとすればすべて穴の谷の霊水のペッドボトルでしょう。


そうして、こちらの階段を登れば奇跡の水があります。

宗教的なニュアンスは否めませんが、とやまの名水や環境庁選定の名水百選にも選ばれるほどです。

また水をいくら飲んで無料ということで大量に飲もうと思います。

ネット情報によれば、20Lで4000円で販売されていたので軽く1万円くらいは飲みたいですね。

つまり、50Lです。


そして、こちらのドラゴン的な何かの口にホースを突っ込んで出ているのが『穴の谷の霊水』です。

ホースを突っ込まれたドラゴン的なやつも、なんだか気の毒な感じがします。

また話によれば、奥の洞窟から湧き出ている水をホースでここまでもってきているらしく、本当はもっと奥から水が湧き出ているます。

近くには紙コップが無料であるので、そちらを使い飲んでみることに。


ゴクッ。

あー、なるほどなるほど。




これは、硬いな。


飲んだだけで、コントレックスのような硬い水だということがわかります。それはきっと、ミネラルが豊富だからなのだろう。

ひと口飲んだだけで、なんか強くなった気がします。

そういえば入口でパンフレットをもらったので、見てみましょう。


えーっと・・・。




カルシュウム


ちょっと待て、なんかボクサーがパンチするときに、よく口ずさむ擬音があったような。


もう一度見てみましょう。

カルシュウム・マグネシュウム・ナトリュウム・カリウム

カリウムだけ普通やないか!




5.3. コンベアも使える

ちなみに先ほどポリタンクで汲みに来る人もいると言いましたが、なんとここには重い荷物を持つ人のためにコンベアーまで付いています。

ただ、これはこれで、またお金がかかります。

どこに行ってもお金を巻き上げようってことですね!

まぁわたしは単純に50Lをこの場で飲もうとして、逆に奇跡の水で死にかけたものですから、コンベアは使用しませんでした。




6. まとめ

ということで、わたしは結局3杯くらいしか水が飲めませんでしたが、普通の人はポリタンクを借りて大量に家に持って買えるのだと思います。

道のりは怖かったですが、日本の名水100選にも選ばれるすごい水なので、ぜひみなさんも一度は飲んでみてもらいたいですね。

車のナンバープレートを見れば、遠方から来ている人もいたので、やはり全国的にも有名な水なのでしょう。

剣岳の奇跡の水を飲んでみたい人は、ネットでも買えますが、来ても面白いですよ。

また富山県にはその他にも様々な名水がありますので、ぜひこちらの記事も見ていってください。
【富山の名水】おいしい湧き水が出る水汲み場まとめ



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る