パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【富山で合格祈願】受験におすすめ お守りもある神社5選ご紹介

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは『受験』をしたことがありますか?

きっと人生で1度くらいはなにかしらの受験を行なっているかと思いますが、最近では子どもの受験を心配する親御さんも増えているかと思います。

だからって何かできるわけでもないし、こうなってくるとできることが『神頼み』というわけです。

そこで受験する人とその親族のために、富山県の合格祈願できる神社をご紹介します。そう、最後は神頼みなのです。

目次

  • 於保多神社
  • 射水神社
  • 越中一宮 高瀬神社
  • 日枝神社
  • 胡桃火神社
  • まとめ





    於保多神社

    この神社は、富山の天神さんと呼ばれ、あの学問の神様である菅原道真を祀っているのです。

    実は、富山藩主であった前田氏の祖先は菅原道真と言われており、富山県は学問に長けていたとか。


    絵馬堂には、絵馬に願い事を書くことができる。

    また、絵馬に書かれている牛は神様の使いであり、受験生はこの絵馬に願いを託し、神様への橋渡しをしてもらうのです。

    さらに中央の牛は、なでるとご利益があるらしい。
    学芸成就!富山で合格祈願するなら「於保多神社」




    射水神社

    DPP_0264

    奈良時代以前に建てられたと言われる歴史のある射水神社。

    さらに、越中国唯一の「名神大社」に選ばれる由緒正しい神社なのだ。


    DPP_0558

    ここでは、合格祈願をご本殿で昇殿参拝を受け付けている。

    受験に関しても、学校と本人との縁結びであるため、家族みんなで昇殿参拝してみましょう。
    由緒ある「射水神社」の横は謎の芸術の森だった




    越中一宮 高瀬神社

    DPP_4376

    歴史が古く、天武天皇の時代のものだと言われている高瀬神社。

    大国主命という福の神・縁結びの神がここにはいると言われています。


    DPP_4375

    ここにある『なでうさぎ』は、癒してほしいところをなでると神のご加護があるのだ!

    頭をなでると、神のご加護が頭に宿り、試験当日も冴えた気持ちで臨むことができるはず。
    清潔感がすごい!なでうさぎで有名な「高瀬神社」




    日枝神社

    DPP_0388

    富山山王さんこと「日枝神社」

    富山県内では、屈指の参拝者数を誇る。


    DPP_0391

    日枝神社は、創建の年代はわかっていないようですが、最も古い記録は1335年らしいです。

    富山県民ならここで合格祈願するのが王道と言っていいでしょう。
    富山の中心部にある山王さんこと「日枝神社」




    胡桃火神社

    氷見市にある通称「滑らない神社」

    この胡桃地区は、過去に何度も地滑りに襲われたが、この神社だけいつも無事であった。

    特に1964年に集落が壊滅状態になった地滑りでも、土砂はことごとく社殿を避けて流れたのだ。

    これにあやかり、神社境内の神木が入ったお守りや絵馬が、合格祈願や選挙当選の『滑らないアイテム』としてご利益がある。

    合格祈願に是非、すべらない神社へ参拝してみてはいかがでしょうか?

    ちなみに、けっこうな山道を走りますので気合いが必要です。
    滑らない神社!? 氷見の神社が受験生から話題に




    まとめ

    人生で1度か2度くらいしか経験できない大一番。

    これらの神社を参考に、ぜひ頑張ってください!

    富山県には他にも神社だけでなく様々なお寺もありますので、いろんな神様にお願いするのもいいですね。
    【富山のお寺&神社】癒しを求めて行ってみたいスポット7選



    富山でお金の悩みはこちら

    お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

    ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

    富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


    富山で人生を考えよう

    内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

    転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

    富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

    この記事の著者

    SAKURA右足のくるぶし

    1988年生まれ。同志社大学卒業。
    ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
    成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    ページ上部へ戻る