由緒ある「射水神社」の横は謎の芸術の森だった




どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県高岡市の高岡古城公園内にある神社、射水神社。

奈良時代以前に建てられたと言われる歴史のある神社である。

なんか恋愛のパワースポットでもあるらしい。

DPP_0264

えんむすび絵馬や結婚式にも大活躍。

そもそも神社ってだけでものすごいパワーが得られます。


ぼくも心なしか、ものすごく筋肉がついてきた気がします。

DPP_0265

そんな射水神社にも紅梅が咲き、いよいよ春がやってきます。


ほのぼのですね!

サイコー!!ひゃっほい!!!

DPP_0558

しかも、そんな紅梅の幹には、ハートの穴が!

これが恋愛パワースポットである由縁でもあります。


隠れミッキーみたいで可愛い。

DPP_0267

そして、さらなる春を見つけに、となりにある高岡古城公園に足を運んでみた。


子供たちが遊んでいて、ほのぼのする公園だ。


広いな。

グランドが異様に広いな。

DPP_0266

歩いていると、芸術の森作品群という謎の看板を発見。

こんなところに芸術があるなんて、高岡古城公園はすごいところだなぁとそのとき思った。

これは面白そうだね。




だが、ぼくはとんでもない勘違いをしていたとは後から知るのだが・・・。

DPP_0268

まず、最初に見つけたのはもはや18禁レベルの恐ろしそうな作品


これは子供が遊ぶような公園に建てたらまずいんじゃ・・・

いや、これが芸術というものだ。


せめて、みんな頭をあげてほしいと思った。

DPP_0269

続いての作品は




・・・いや、完全にアウトー!


こんな作品、子供たちに見せたら絶対ダメだ!

なんて公園だよ!

この銅像、すごく凛々しい顔してるけど、完全にアウトだからね。


ただのド変態だよ。

ド変態という名の紳士だよ!

DPP_0270

アップにすると、なお、いかがわしい。


アップにするぼくもどうかと思うけど、アップにせざるをえなかったぼくをどうか許してほしい。




かわもむいてよね。

良い子のみんなも大人になったらわかるよ。


かわはむこうね。

DPP_0280

まだ、色んな作品があったが、このラインナップはある意味芸術である。

いや

富山の子供たちはこういう作品を見て、大人になっていくのだろうか?


富山県民のレベルの高さを知った。

DPP_0271

まともだと思っていた前田利長の銅像も、兜が長すぎてどうもおかしい。

本当に長かったのだと思うけど、なぜだか涙が止まらなかった。


前田さんだけは・・・前田さんだけは普通だと信じていたのに!!ちくしょう!




ということで、春を公園で見つけることはできなかたけど

富山の子供たちは、こうやって大人のちんこを知るのだろう。


せめて、かわだけはむいてほしかったです。


大きな地図で見る

関連記事一覧