パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠



【於保多神社】富山で合格祈願するならここ!学芸成就しよう

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、何かに合格したいと思ったことはありますか?

冬の季節になると『受験戦争』という恐ろしい行事が始まります。

かくいう私も、その戦争でボコボコにされたんですが、なんとか生きている所存であります。

ただそんな戦争に準備をしていても最後は神頼みをしたいところで、今回はそんな方にぜひおすすめしたい「於保多神社」について紹介したいと思います。

目次


1. 於保多神社とは
2. 場所
3. 行ってきた
    3.1. 拝殿と本殿
    3.2. ねまり牛
4. まとめ





1. 於保多神社とは

於保多神社(おおたじんじゃ)は、富山県富山市にある神社でです。

菅原道真公・富山藩初代藩主前田利次・二代藩主正甫・十代藩主利保を祀られており、「富山の天神様」として崇敬されています。

菅原道真が祀られているとあって、絵馬堂の中央の神牛の像を撫でて合格を祈願すると願い事が叶うと言われています。




2. 場所

住所
富山県富山市於保多町1-32

電車の場合
稲荷町駅出口から徒歩約9分

車の場合
富山ICより車で15分
無料の駐車場が併設されています。






3. 行ってきた

ということで、車で於保多神社にやってきました。

駐車場は数台ほど停めれるようになっていますので、混雑しない時期と時間に行きたいですね。

また学芸成就ということで、ちゃんと旗にも学問の神様と書いてあるので間違いありません。


それでは、神社の境内に入りたいと思います。

ちなみに「なんでこんなところに菅原道真がいるんだろう?」と思うかもしれませんが、実は富山藩主であった前田氏の祖先が菅原道真と言われているからなのです。

見た感じは、そんな大きな神社ではなさそうですが、ただならぬオーラは感じます。


右手に何か感じると思ったら、すんごい鳥がいました。

頭悪いやつがきたら、きっとあの鐘を頭上から落とすのだろう。




3.1. 拝殿と本殿

そして、こちらが拝殿です。

ちょうど太陽が後ろにあるのか、ものすごい神々しい姿になっております。

いや、これは太陽ではない。菅原道真が輝いているんだ!

ちなみに受験戦争を終えて、なにも合格するものがない私はタイピング能力が上達しますようにとお願いしました。


そして、後ろにあるのが本殿で、おそらくここに菅原道真様のご神体が安置されているのでしょう。

格式高いですね。

小さい神社ですが、1つ1つがしっかりと綺麗な場所となっていました。




3.2. ねまり牛

ちなみに手を清めるところにはウシさんがいました。

背後にもウシさんがいるコラボレーション。

こちらのウシは『ねまり牛』といって、神様の使いとされています。

なんでも道真が亡くなるときに、「自分を牛車に乗せて、牛が歩みを止めたところに葬ってほしい」と言い残し、歩みを止めた場所が今の太宰府天満宮だそうです。


絵馬に願い事を書いて吊るす場所である絵馬堂にもウシがいました。

情報に寄ると中央の牛は、なでるとご利益があるらしい。

受験生のみんなは、ここのウシをなでなですることで受験戦争に勝っていくのです。


絵馬ももちろん牛であり、牛は神様の使いであるため、受験生はこの絵馬に願いを託し神様への橋渡しをしてもらうのです。

他の人の絵馬を見てみると、○○大学と○○高校合格が多かったですね。

わたしも「シンプルに3億円ほしい」と全然受験に関係ないことを書いて吊るしておきました。




4. まとめ

ということで、こちらの『於保多神社』は富山市にあるためアクセスも良好ですね。

何かここに来ただけで頭が良くなった気がします。

素晴らしいプラシーボ効果です。

合格祈願だけでなく、初詣やお参りもできますので、気軽に行ってみてください。

ちなみに合格と言えば、富山県で合格祈願できる神社をまとめてみましたので、こちらの記事も参考にしてみてください。
【富山で合格祈願】受験におすすめ お守りもある神社5選ご紹介

ADDRESS 富山県富山市於保多町1−32
Parking あり


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る