国の一律10万円 富山県ではいつもらえるの?各市町村が見通し発表





画像引用 「総務省」より

どうも、編集長のサクラです。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の「1人10万円」給付の手続きが着々と進められています。

5月1日時点では富山県が県内すべての自治体で対応が可能となっており、全国でも早い対応で素晴らしいですね。




各市町村の見通し

富山県内の各区市町村の特別定額給付金支給の見通しをまとめてみました。

舟橋村が今のところ、最速でもらえるようです。

オンライン申請 オンライン支給開始 申請書類発送めど 支給開始

富山市

5月1日 5月下旬 5月下旬 6月下旬

高岡市

5月1日 5月中旬 5月下旬 6月中旬

射水市

5月1日 5月中旬 5月下旬 6月2週

魚津市

5月1日 5月15日 5月25日 6月初旬

氷見市

5月1日 5月13日 5月11日 6月上旬

滑川市

5月1日 5月14日 5月下旬 6月中

黒部市

5月1日 5月中旬 5月下旬 6月初旬

砺波市

5月1日 5月12日 5月21日 5月27日

小矢部市

5月1日 5月19日 5月22日 6月9日

南砺市

5月1日 5月12日 6月1日 6月18日

上市町

5月1日 5月下旬 5月下旬 6月上旬

立山町

5月1日 5月14日 5月18日 5月28日

入善町

5月1日 5月14日 5月15日 5月22日

朝日町

5月1日 5月8日 5月18日 5月20日

舟橋村

5月1日 5月15日 5月7日 5月15日


申請期限

10万円の給付は各市町村の受付開始から3ヶ月の期間受付となっています。

そのためあまり急ぐ必要もありませんが、いますぐ欲しいという方は今からでもオンラインで申請してみてください。

「オンラインとかよくわからない!」って人は市区町村から特別定額給付金の申請書が家に届くので、その紙に従って申請しみてください。


早速オンライン申請してみましたので、手順を以下の記事に記載しています。






各市町村の上乗せ

また富山県では、各市町村で支給額の上乗せを独自にやっています。

南砺市と入善町は17歳以下の子どもがいる世帯に1人あたり1万円分の商品券を支給します。

舟橋村では現金が給付されます。約670人いる17歳以下の子どもに1人あたり1万円を給付し、申請は不要で5月中旬以降、世帯主の口座に振り込まれます。

さらに国はすでに、中学生までの子どものいる世帯には、1人あたり1万円を児童手当に上乗せして臨時給付する方針ですがどうなるか未定ですね。

富山市では、感染拡大の影響で失職したひとり親に5万円を支給します。

保育所などの利用自粛を要請した期間(4月15日~5月6日)に家庭での保育などで働けず、収入が3万円以上減少したひとり親にも3万円を支給します。

同期間中に、実際に保育施設の利用を自粛した世帯に協力金1万円、その家庭内で孫の面倒を見た祖父母にも1万円を支給するなど、ややこしいですがもらえる人はしっかりと確認しましょう。




まとめ

ということで、1人10万円という金額はかなり大きいですよね。

必ず申請という作業が必要になりますので、みなさんしっかりと10万円もらいましょう。

総務省 特別定額給付金

関連記事一覧