富山県の緊急事態宣言解除の基準を発表 活動再開のロードマップ




特定警戒都道府県以外の緊急事態宣言解除について、富山県知事が5月13日に会見をおこないました。

現在富山県はコロナウイルス感染のステージ3の段階にありますが、不要不急の外出を減らすことで富山県の緊急事態事態宣言を5月15日を目標にステージ3からステージ2に移すことができる判断となりました。

そこで県独自に活動再開するロードマップを以下のように示しました。

1. 医療入院者数の直近1週間100人未満
2. 重症病床の稼働率が30%未満
3. 新規の陽性者数が100万人中2.5人未満/日
4. 感染経路不明の患者数が100万人中1.0人未満
5. 陽性率は7%未満

現状のところ、富山県は上記のいずれもクリアしているとの判断です。

これにより新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について、国の判断を見つつ5月末を待たずに早くて15日に解除する方向に入ります。

学校の再開なども分散登校を検討しつつ、後日判断していきます。

関連記事一覧