パートナー枠

フェイスブック

【cafe socio カフェソシオ】のランチとパフェが超オススメ!

「今日のランチどこにしよ〜」と悩むランチ難民の皆さまコンニチハ。

富山カフェ評論家のサンソンでございます。自称ですけどね。言ったもん勝ちですよ。


今回ランチで訪れたのは、呉羽自動車学校リニューアル時の2018年6月に、自動車学校利用者だけでなく、近隣の方やお子様連れの方など色んな方に利用して欲しいという思いでオープンした「Cafe Socio カフェ ソシオ」です。


以前、富山の遊び場!でもCafe Socioさんを紹介させていただきましたが、前回の紹介記事はこちら→「【Cafe Socio カフェ ソシオ】女子会プランも!絶品ジャークチキンを食べてきた 」

ジャマイカ料理やメキシコ料理など幅広い豊富なメニューがあり、デザートも充実している、お腹と心が大満足するカフェなのです。




平日限定 オムライス

前回はジャークチキンランチをいただきましたが、今回私の底なし胃袋を満たしてくれたのは「オムライス 〜チキンのトマト煮ソース」です。

お皿から溢れんばかりのボリューミーなオムライスですが、こちらは平日限定メニューとなります。


ふわっふわ!

このふわふわ感、写真から伝わってますか?

ふわふわ玉子の上にはチーズとブラックペッパーがかかっていて良いアクセントになっています。
たっぷりかかったトマトソースは、ほどよい酸味が感じられて、ソースの中には、やわらかいチキンが入っているので食べ応えも抜群です。


オムライスに対して、ソースやケチャップがあきらかに少なっっ!!っていう経験ありませんか?
「もっと追いソースして!」なんて言いづらいし…(意外と小心者なの)

でもね、cafe socioのオムライスはたっぷりとトマトソースがかかっていて最高っ!大満足っ!
オムライスは、たっぷりのソースで食べるべきだと再確認できました。




2月限定 絶品パフェ

cafe socioに来たら絶対に食べて欲しいもの…それは「季節のパフェ」です。


前回は1月限定の「焼きリンゴパフェ〜アップルパイ風〜」をいただきましたが、最後の一口まで飽きずに食べることのできる感動のパフェでした。

これは2月の季節のパフェも期待が膨らみますね。

2月限定の季節のパフェは「コーヒーパフェ」


ビターなコーヒーゼリーと甘いアイスクリームの相性が抜群。
コーヒーの風味をしっかりと感じられるコーヒーゼリーがぎっしり入っているので、“ちょっと大人のパフェ”という感じでしょうか。


チョコブラウニーやコーンフレーク、アーモンドなど食感の違いも楽しめる2月限定のコーヒーパフェ。
皆さんも是非お試しください!



Cafe Socioのパフェは、トータルバランスが完璧!

声を大にして言いたくなるほど、最後の一口まで飽きのこない味と食感の変化のあるパフェ。

これはパフェ好きな人には絶対食べて欲しい!




まとめ

cafe socioのスタッフの皆さんを撮らせていただきました。

オムライスもパフェも美味しかったです!ごちそう様でしたー!

オムライスもパフェも実際に食べてみて感じたことは、「食べる人のことを考えて計算し尽くされている」ということです。

写真映えだけじゃなく、最後の一口まで飽きずに美味しく食べれるように考えられてるcafe socioランチメニューやパフェを、是非皆さんにも味わって欲しいと思いました。




おまけ

全面ガラス張りの店内は、冬の少しの日差しでもポカポカして光合成もできちゃいます。

光合成もオススメですが、お子様連れのランチや女子会でも利用しやすいカフェですので是非ご利用ください。

最新情報などはこちらから
「cafe socio instagram 」

 

住所 富山県富山市本郷2444 呉羽自動車学校内
OPEN 10:30〜17:30(ランチLO16:30 その他LO 17:00)
CLOSE 月曜日
臨時休業あり
駐車場 呉羽自動車学校敷地内にあり


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る