【映画 もみの家】富山の散居村が舞台 坂本監督で2020年公開決定


画像引用 「もみの家」より

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、『真白の恋』という富山をロケ地とした映画をご存知ですか?

これは富山県出身の坂本欣弘監督のデビュー作なのですが、このたび新たに『もみの家』という映画が公開されます。

こちらの作品も富山の散居村が舞台となっており、富山県民としては楽しみですね。

ということで、この映画がどのような作品になっているのか、情報が公開されているところまでを紹介していきたいと思います。

目次

1. 映画 もみの家
2. ロケ地
3. キャスト
4. 公開予定
5. まとめ





1. 映画 もみの家

映画『もみの家』はオリジナル脚本の映画で、ストーリーは以下の通り。


心に問題を抱えた若者を受け入れ共同生活を送る“もみの家”に、16歳の本田彩花がやってくる。

不登校になって半年、心配する母親に促され俯きながらやってきた彩花は、周囲に暮らす人々との出会いや豊かな自然、日々を過ごす中で感じ取った大切な“なにか”に突き動かされ、少しずつ自らの気持ちと向き合あっていく。

そして彩花のように不登校、問題を抱えた若者を受け入れ自立を支援する施設“もみの家”の経営者であり大黒柱の佐藤泰利を緒形直人が演じる。

さらに、泰利の妻・恵役には田中美里が決定。佐藤夫婦は優しさと大きな愛で、彩花をはじめとした“もみの家”の寮生たちを見守り続ける。

坂本監督の前作同様に今作もまた、監督の生まれ育った富山でのロケを敢行し、春夏秋冬それぞれの季節と人間模様を実際に1年間かけて撮影します。




2. ロケ地

まだ富山県のロケ地は公開されていませんが、散居村が舞台ということで砺波市は確実ですね。

おそらくその他にも多くの富山の知っている場所が出てくるかと思います。




3. キャスト

キャストは、ブルーリボン賞新人賞など数々の新人賞を受賞した南沙良さんが主演を務めます。

そして『もみの家』の経営者であり大黒柱の佐藤泰利を緒形直人さんが演じ、泰利の妻・恵役には田中美里さんが出演します。






4. 公開予定

映画の公開は2020年春となっています。

上映場所は、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーされます。

また富山県では先行ロードショー(TOHOシネマズ ファボーレ富山、TOHOシネマズ 高岡、JMAXシアターとやま)を予定しています。




5. まとめ

ということで、まだまだ情報が多く解禁されていませんが、徐々にホームページに公開されていくかと思います。

撮影はまだ残っているようですが、完成が待ち遠しいですね。

もみの家



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA

SAKURA創刊編集長

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
取材などでたまに顔出ししています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る