パートナー枠

フェイスブック

【ことの葉】和の可愛さがある隠れ家のような珈琲処に行ってきた

子供と大人の境界線は、雪が降ったら喜ぶのが子供で、雪を憂鬱に思うのが大人だと思っています。
どうも、サンソンです。

忙しない日常を忘れるような、ずっとその場所にいたいような、そんな気持ちになるカフェを見つけました。

もう近所だったら毎日行ってしまいそう。近所じゃなくても行くけど。

目次

1. ことの葉とは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. イチゴのサンド
    4.2. ことの葉カレー
    4.3. コーヒー
5. まとめ





1. ことの葉とは


画像引用 「ことの葉instagram 」より

今年でオープンしてから10年目となる「ことの葉」は、一人でも気軽に立ち寄れる隠れ家のようなくつろげる珈琲処。

古い蔵のような落ち着いた佇まいと和の雰囲気で落ち着く店内では、オーダーを受けてから豆を挽き、銅製のドリッパーを通して薫り高く抽出するコーヒーと、旬の味覚をアレンジした「季節の甘味」を楽しむことができます。

メニューに合わせてセレクトした大和屋の「こだわりの器」とともに、多彩な楽しみと豊かな季節感を添えます。




2. 場所

住所
富山県富山市布瀬町南2丁目1-2

車の場合
富山ICより車で8分
駐車場あり





3. 営業時間

金〜火
10:00~18:00

定休日
木曜日




4. 行ってきた

入店して速攻で思いました。

「好きだ!!!」


カウンター席とテーブル席がある店内は、緊張せずくつろげそうな和の雰囲気に一目惚れです。




4.1. 小豆と苺のサンドイッチ

まずは、こちらの「小豆と苺のサンドイッチ」を紹介しないことには、何も始まりませんよね。

このサンドイッチをinstagramで見つけてから、食べたくて食べたくて仕方のなかった一品。

私レベルの食いしん坊になると食べ物に一目惚れするんです。





苺の酸味と自家製小豆とカスタードの甘いハーモニーが完璧!!!

来世は、挟まれてる苺になりたいって嫉妬するほどの、苺の可愛さと美味しさと存在感。

こちらの小豆と苺のサンドイッチは、11月後半〜4月下旬までの季節限定メニュー。

是非、期間中に味わってみてください。

他にもフレンチトーストや、ぜんざいなどのスイーツメニューもあります。




4.2. ことの葉カレー

あまりにも美味しそうだったので、ついつい頼んでしまったのが「野菜たっぷり ことの葉カレー」

ことの葉で出てくるお皿が全部素敵ー!たまらんー!

ちなみに素敵な食器たちは、お隣にある系列店の大和屋さんで全部揃うそうです。


ランチメニューで1番人気も納得の美味しさ!

野菜の旨み甘みが溶け出したカレーの美味しさに悶絶!!!


ことの葉では真鍮で出来たカレー専用スプーンがあるんですが、これがまたナイスなサイズなんですよ。

味だけでなく、食器ひとつひとつでも楽しませてくれるだなんて最高ですやん。

ことの葉のランチメニューは、ランチタイムにお昼食べそびれたって人にも嬉しい10:00〜18:00まで提供しています。




4.3. コーヒー

ことの葉は、コーヒー豆の種類も豊富なんです。

好きな豆、気になる豆を選ぶことができます。


オーダーを受けてから丁寧にドリップしてくれます。超いい香り。


コーヒーの器も、これまた素敵!

淹れたてコーヒーの湯気といい香りが、お店の穏やかな雰囲気が溢れる店内に充満します。

これを幸せと呼ばずに何と呼ぶ。




5. まとめ

手作りスコーンやマフィンなどお持ち帰りすることも可能です。全部おいしそうー!

ことの葉は、雰囲気も味も最高でしたが、素敵な器で楽しませてくれるカフェでした。

長時間いたくなる居心地の良さ。

これはもう、ファンにならないわけがない!

皆さんも是非、ことの葉を訪れて素敵な時間をお過ごしください。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON代表

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る