パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【珈琲駅 ブルートレイン】鉄道ファンが最高に興奮する喫茶店

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは電車が好きですか?

えっ、好きなの?ふーん。

わたしは鉄道ファンではありませんが、富山には全国でも有名な鉄道カフェがあるようです。

テレビでもよく取り上げられ知っている富山県民も多いかと思いますが、本日はそんな鉄道好きが集まる喫茶店『ブルートレイン』について紹介していきます。

目次


1. ブルートレインとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. 鉄道模型
    4.3. 運転もできる
5. まとめ





1. ブルートレインとは

富山市にある1980年に創業した鉄道好きなら誰しもが知っている鉄道模型のある喫茶店です。

日本では鉄道ファンというとオタクと呼ばれそうですが、「ヨーロッパでは高貴な趣味なんだよ。」とマスターが教えてくれました。店全体が醸し出すノスタルジックな雰囲気は、鉄道ファンだけでなく子どもから大人まで楽しむことができる空間となっています。




2. 場所

住所はこちら
富山県富山市鹿島町1-9-8

電車の場合
安野屋駅から徒歩約4分
諏訪川原駅から徒歩約5分

車の場合
富山駅から車で5分
お店の近くに無料駐車場があります。






3. 営業時間

営業時間
10:00~19:00

休業日
火曜日




4. 行ってきた

ということで、珈琲駅「ブルートレイン」にやってきました。

店内は、天井が客車のようなアールを描いた感じになっており、独特の照明で部屋を照らしています。なんともノスタルジック。

座席はボックス席様になっていて、なんだか電車に乗っているような気分にもなります。古き良き時代の列車の3等客室の雰囲気をイメージしたそうだ。


有名店だけあって、有名人の色紙もたくさんありました。

あと店内には鉄道グッズもたくさんあって、正直あまり詳しくないわたしはどれがスゴイアイテムなのかわかりませんでしたが、歴史は感じます。

まぁ店内には他にも鉄道模型があるのですが、まずはコーヒーでも飲もうではありませんか。




4.1. メニュー

メニューにはコーヒーや軽食があったのですが、0.5秒でSLブレンドに決定しました。

説明書きを見てみると、8時間掛けて出したダッチコーヒーで、水出しのためタンニンが抽出される事がなく、爽やかなコーヒーとなっています。

ちなみにダッチコーヒーとは、お湯ではなく常温の水で約8時間かけて抽出するウォーター・ドリップ方式のことです。


そしてこちらがやってきたコーヒーです。

マジでレトロで最高!

こういうのって女子受けはあんまりしないのかもしれませんが、たまにはこういう雰囲気の喫茶店もいいよね!

きっと水も立山から流れ出る水で淹れているので、コーヒーの美味しさを増して美味しく感じます。




4.2. 鉄道模型

コーヒーも味わいながら今度は鉄道模型を見てみましょう!

なんといってもこちらのお店のメインは鉄道模型を言っても過言ではないくらいたくさんの鉄道があります。

どの鉄道がどこを走っていたものなのかわかりませんが、子どもとかはプラレールが好きだからこういうの知ってるんじゃないかな。


店内では、蒸気機関車の模型が走っていました。

蒸気機関車の黒い重厚感がカッコいいんですよね。あと最近知ったんですけど、蒸気機関車ってたまに迫力を出すため必要以上にわざと黒い煙を出すそうです。めちゃくちゃサービス精神ありますね。

それで連続シャッターでこちらの鉄道模型を撮影していたのですが、思わぬものが乗っていました。







なんかおった。


動いていてよくわからなかったのですが、ポケモンがいました。

蒸気機関車にポケモンが乗っているなんて、ビックリしましたね。おそらく子どもが喜ぶから乗せているのでしょう。

最近では、新幹線とかも走らせているようで、毎年来てみると走っている電車が変わっていて楽しめるかもしれません。




4.3. 運転もできる

DPP_2159

なんとこのお店には、この鉄道模型を自分で運転できるサービスもありました。

わたしはプレーステーションのゲームである「電車でGO!」しか運転したことなかったのですが、こんなところでも運転ができるんですね。

ただ操作は、進みと止まるしかありません。

いや、でも楽しい!きっと子供のために操作を簡単にしているのでしょう。それでも楽しい!

店内上空に模型を悠々と動かすことができて、これは子供でなくてもはまってしまう人が現れそう。


カウンター席でも、鉄道模型が走っているのが見られます。

なんと暗闇でライトアップもしています。こういうのってなんだかずっと見ていられますよね。コーヒーを飲みながら優雅なひとときを過ごすことができました。




5. まとめ

ということで、こちらのブルートレインですが、鉄道ファンだけでなく私のような一般人でも楽しむことができました。

特に子どもが喜びそうなので、親子でぜひ行ってみてほしいですね。

もちろん鉄道だけでなく、コーヒーも普通に美味しかったので、ちょっと疲れたときに寄ってみてはいかがでしょうか?

ADDRESS 富山県富山市鹿島町1-9-8
TEL 076-423-3566
OPEN 10:00〜19:00
CLOSE 火曜日

おすすめ記事
お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

【富山で副業】在宅で月収1〜2万円なら主婦でも簡単に稼げます

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る