パートナー枠

フェイスブック

【環水公園お花見フェスタ】夜桜が神秘的でみんな行った方がいい

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、富岩運河環水公園の桜を見たことはありますか?

写真見ていただけるとわかると思うんですが、マジ絶景じゃないですか。

確かに富山県にはお花見をする場所がいろんなあります。

しかし、わざわざ車で遠くに出かけるのもめんどくさいし、駅前でこの景色はすごいと思います。

そこで今回は、毎年花見の季節に行なわれる『環水公園お花見フェスタ』と一緒に、こちらの夜桜についても紹介したいと思います。

ちなみに富山県の桜の名所をまとめて記事もありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山】桜の名所・お花見スポットをまとめてみた
【富山の夜桜】ライトアップ桜の美しいスポットまとめ

目次

1. 環水公園お花見フェスタ
2. 場所
3. 開催期間
4. 行ってきた
5. まとめ





1. 環水公園お花見フェスタ

環水公園お花見フェスタは、毎年、富山県富岩運河環水公園で行なわれる春のイベントです。

桜がライトアップされるだけでなく、ちびっこ縁日、さくら茶会、環水マルシェ、お花見コンサートなどイベントも開催されます。

また特別企画として、お花見運河クルーズとお花見ナイトクルーズも開催され、舟に乗って花見をすることもできます。
【世界一綺麗なスタバ】富山にある季節で変わる絶景がこれだ




2. 場所

住所
富山県富山市湊入船町

電車の場合
富山駅より9分

車の場合
北陸自動車道富山ICより20分
※無料の駐車場が171台分あります。






3. 開催日

2019年の開催日は、わかりましたら情報を更新いたします。




4. 行ってきた

ということで、桜の季節に環水公園にやってきました。

ちなみにここにはスターバックスがあるのですが、その駐車場からもう桜並木があります。

また車で来る場合は、普段でもほぼ満車なのに、この季節だともっと満車になるため電車がおすすめです。


このようにピンク色にライトアップされて、これはインスタ映えしそうですね。

桜は元々薄いピンク色なのですが、人間の力によってめっちゃドーピングされています。

もう、林家ペー、パー子もビックリのピンク具合です。


遠くから見るとこんな感じになるわけです。

こうしてみると人が少ないように見えますが、駐車場はすごいことになっていました。

きっと1人1台でここにやってくるので、これも富山県のモータリゼーションの賜物ですね。


そして、ライトアップの方法はというと、このようなライトが設置されていました。

これはこれで街灯の役目も果たしていて素敵なアイデアです。

ちなみにこのライトの前に立つと光が途絶えて、そこにある桜だけライトアップが亡くなります。

そのため、もし桜の木の下でイチャイチャしているカップルがいれば、そこの桜のライトを遮断できるのでおすすめです。


またこちらの環水公園お花見フェスタでは、露店もいくつか出ています。

基本的には軽食なのですが、せっかくの花見なので酒と唐揚げでも買って食べながら桜を見てください。

ただ出店は毎年きっと違うので、2019年はもっとオシャレな露店が出ているに違いありません。


橋から先ほどの桜並木を見るとこんな感じです。

より一層スターバックスが輝きますね。

もしかしたらこれもスターバックスの戦略なのかもしれません。


ちなみにお昼はこんな感じです。

昼は昼で、立山連峰が望めるのがいいですね。

桜と立山連峰のコラボレーションは、もう富山県でしか見れません。




5. まとめ

ということで、こちらの環水公園お花見フェスタは、人工的なピンク色でインスタ映えしまくりでした。

確かに普通のライトアップの桜もいいですが、そういうのってどこでも見れますからね。

やっぱりアートな桜の方が現代っ子には美しく感じます。

ちなみに富山県の桜の名所をまとめて記事もありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山】桜の名所・お花見スポットをまとめてみた
【富山の夜桜】ライトアップ桜の美しいスポットまとめ



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る