【ほたるいかカレー】萌えキャラもいるお土産を食べてみた




富山の名産品であるホタルイカから失礼します。どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんはホタルイカを食べたことがありますか?

わたしはというと毎日食べるほど好きじゃないけど、たまに食べると、うん、まぁまぁかなって思う程度好きです。

えっ、あなたはホタルイカ好きなんですか?ふーん、そう。

そこで今回はそんな名産品をレトルトカレーにした商品があったので紹介したいと思います。

目次

1. ほたるいかカレー
2. 購入場所
3. 食べてみた
4. まとめ





1. ほたるいかカレー

ほたるいかカレーは、富山湾のホタルイカが丸ごと入ったシーフードカレーです。

子どもからお年寄りまで食べられる、中辛のシーフードカレーです。

海洋深層水で下処理、ボイルした富山湾産ホタルイカをはじめ、湘南産のタコなどを中辛のルーでじっくり煮込み、魚介のコクとうまみを引き出してます。

地元名産ホタルイカでご当地カレーを作ろうと、2012年春から商品開発に着手し、2013年春から販売しています。




2. 購入場所

購入場所は、ほたるいかミュージアムなどの富山のお土産屋さんで販売されています。
【ほたるいかミュージアム】神秘的な体験からホタルイカを食べてきた

また通販でも販売されているので、気軽に県外の方でも購入できます。





3. 食べてみた

それで今回ご紹介するのがこちらの『ほたるいか\カレー/』

「おい、さっきとパッケージが違うじゃネェか!」という声が聞こえてきますが、実は裏面はこちらの萌えキャラなのです。

いや、わたしだってビックリしましたよ。買った時は普通のパッケージだったのに家に返ってみたら萌えキャラになってましたからね。

家族が家にいる人は気をつけてください。


さて、実はわたしは富山県のあらゆるカレーを食べるのが趣味でして、その結果、友達を数人なくしました。
【まとめ】富山県のご当地レトルトカレー食べて評価してみた

ほたるいかカレーもこちらは初めてではなく、2度目の挑戦となります。

ただこちらはホタルイカだけでなく、タコやエビも入っており、本格的なシーフードカレーとなっているようです。


中身を出してみました。

気のせいか萌えキャラとめちゃくちゃ目が合います。

ホタルイカ要素はあまりないキャラですが、パッケージの「富山カレーちゃん」は「富山カレーフェスタ」のマスコットなんです。

メード服を着た女の子がスプーンを差し出す仕草はインパクト十分。

富山限定プレミアムシーフードカレーと書かれています。


ということで、鍋で温めてお米にのせれば出来上がり!

そこまで魚貝臭くはない感じです。

ホタルイカといえば臭いイメージなのですが、これはいけそう。


そしてこちらがホタルイカ。

ルーは粘度があり、濃い味となっている。カレー自体はあまり臭くなく普通に旨い!

ただ、ホタルイカと一緒に食べてみると、うん、アレですね、臭い。







ホタルイカの身投げ。
シーズン到来!ホタルイカの身投げを見に行ってきた 2018

まさかこのホタルイカもお米に身投げするとは思っていなかったでしょう。


イカやタコも入っていました。

こちらのタコは湘南で穫れたものらしく、食べてみるとうっまっ

味は濃厚で、お金かけて作っている感じがしました。

シーフードカレーがあまり好きではないのですが、その中ではかなり美味しい方だと思います。




4. まとめ

ということで、ほたるいかカレーを食べてみましたが、お土産としてはなかなかいい線いってるんじゃないかと思います。

ホタルイカを食べたことがない県外の人へのプレゼントとしては面白いかもしれません。

ぜひ富山県の人も試しに食べてみてください。

ちなみに富山県には他にもたくさんのご当地カレーがありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山のレトルトカレー】ご当地品をすべて食べて評価してみた

関連記事一覧