パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠



【CRAFTAN クラフタン】昆布締めとクラフトビールのお店

どうも、富山の遊び場!ライターのサンソンです。


本日は、歴史都市高岡の山町筋にある山町ヴァレーにやってきました。

ここは2017年にオープンした場所でその1つにクラフタンというオシャレな創作料理屋さんがあります。よくテレビや雑誌でも取り上げられており今注目されているお店。

ということで、みんなが注目している中、実際にそのお店に行ってきました!

目次


1. 山町ヴァレーとは
2. 場所
3. 営業時間
4. いざ、店内へ
    4.1. 日替わりランチ
    4.2. オーナーに話を聞いてみた
    4.3. ビールも旨い
5. 山筋町を観光
6. まとめ





山町ヴァレー

まずは山町ヴァレーって何なん?って方にご説明をしたいと思います。

高岡市の商人のまちとして栄えた山町筋で文具商を営んでいた旧谷道家。そこを改修し8つのテナントスペースを持つ複合商業施設として2017年11月にオープンしたのが「山町ヴァレー」

飲食店やショップなどバラエティに富んだテナントが入居するほか、自由に入れる共用スペースや中庭も整備され、地元客や観光客のコミュニケーションの場、ひと休みできる憩いの場として活用されている、「賑わい」と「繋がり」を生む場所が山町ヴァレーなのです。




場所

クラフタンの場所は、山町ヴァレーの1階にあります。住所は、富山県高岡市小馬出町6番地山町ヴァレー弐の蔵

駐車場は山町筋観光用の無料のところがありますので空いていればそこに停めましょう。






営業時間

営業時間
土日月木金は11時30分〜14時、18時~22時
火水は11時30分〜14時

定休日
不定休
また、臨時休業や時間の変更がある場合があるので、公式Facebookをご確認ください。




いざ、店内へ

そんな山町ヴァレーのテナントの一つに「CRAFTAN クラフタン」があります。

まずこちらのお店は高岡では初となる昆布締め専門店!

なんといっても富山は昆布の消費量が全国でトップクラスなのですが、昆布締めを専門に扱っている飲食店が高岡には無かったそうで高岡市を盛り上げたいという気持ちも込め、お店を開業したそうです。


クラフタンは、クラフトビールや地酒と共に、魚だけでなく野菜や豆腐の昆布締めや、すり身揚げ等の富山らしさ満載の創作料理を味わえるお店となっています。

店内はこのようにかなりオシャレで洗練されています。

昆布締めをテーマにした店ということで、観光客はもちろん、地元の方も喜ぶこと間違いなし!




日替わりランチ

取材に訪れた火曜日は、マクロビランチの日でした。

ごはんは酵素玄米をで基礎代謝量もアップ、食材・調味料にもこだわっているよう。

オーナーに話を聞いたところCRAFTANのマクロビランチは、富山らしさが詰まったマクロビランチらしい。どのへんが富山らしいのかとやってきたのがこちら。


このランチは、野菜、こんにゃく、豆腐が昆布締めなんです!

富山県民ならば刺身の昆布締めは食べ慣れていますよね。でも豆腐とかこんにゃくって食べたことあります?私は豆腐の昆布締めは初体験!どんな味なんだろう。





一口食べれば、ギュッと凝縮された昆布の旨みが口の中で広がります。

主張しすぎない、でもしっかりと旨味を感じられる昆布。本当は主役級な存在なのに、「脇役でいいよ」って謙虚な態度にそそられます。あ、昆布に対しての勝手な妄想です。

他のお料理も昆布で出汁を取っていたりと一品一品丁寧に作られていて、美味しくそして健康的なランチです。




オーナーに話を聞いてみた

それでこちらがオーナーのCRAFTANオーナーの竹中さん。

微力ながら高岡を盛り上げたいという思いがあり開業したようで、クラフトビールは単純に好きだから扱っているそうです。

「富山の郷土料理でもある昆布締めを、家庭で作る人が減少しつつあります。昔から伝わってきた昆布締めを絶やさないように、昆布の美味しさや可能性を県内外の方に伝えていきたいですね。」

竹中さんはものすごく昆布愛がすごいのだ。なぜならTシャツを見てほしい。その模様も昆布がうねっているデザインだ。

CRAFTANに来れば、昆布の秘めた可能性を感じられるのは間違いないですね!


CRAFTANのロゴにもなっている波のようなウネウネ模様。

Tシャツや、店内のカウンターや棚、そしてお皿までも波模様となっていてオシャレで落ち着く空間です。


棚もこんな感じで徹底されていますね。




ビールも旨い

さて、クラフタンは昆布料理はもちろんクラフトビールにも力を入れている。

ちなみにクラフトビールとは小規模な醸造所が作る多様で個性的なビールで、有名どころでいえば「よなよなエール」ですよね。



富山県では富山市婦中町にある越中風雅というクラフトビールをいただくことができます。


魚はもちろん肉や野菜、豆腐の昆布締めや、昆布だしを使ったすり身揚げなどさまざまな創作料理とクラフトビールで至福の時間を味わえます。

昆布大好き富山県民はもちろん、県外の方にもオススメしたいお店CRAFTAN。皆さんも是非、地酒と地ビールと共に昆布料理を堪能してみて下さい。




山筋町を観光しよう

せっかく高岡市山町筋に来たならばいろいろ観光もしていきたいですよね。

山町筋は富山県高岡市中心部にある伝統的建造物が数多く残る街並みの名称だそうです。明治時代に入り火事で町の大部分が被災したため、土蔵造りの防火建築が建てられ、2000年に国の重要伝統的建造物郡保存地区として選定されました。

そんな高岡山町筋ではそんな土蔵造りの家を見学することができます。


どっしりとした外観ながら内部は明るく、贅を凝らした土蔵づくりの家の特徴をよく表しています。

黒漆喰の壁や防火壁を備えた重厚な造りが印象的で、特に土蔵造り資料館は歴史も学ぶことができ行ってみる価値アリ。




まとめ

ということで、ぜひ昆布料理を食べた後に土蔵造りの町を歩いて歴史を感じてみてください。

関連記事
【古き良き街並】高岡市山町筋「土蔵造りフェスタ」に行ってきた
火の用心!「高岡山町筋土蔵づくりのまち資料館」

     

ADDRESS 富山県高岡市小馬出町6
TEL 090-6276-9034
OPEN 11:30-14:00
18:00-22:00
火・水曜ランチ営業のみ
CLOSE 臨時休業あり


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る