【Sisu シス】こだわりと愛情が詰まった特別なカフェに行ってきた




みなさん、こんにちは。サンソンです。


富山にも、オシャレなカフェが増えてきましたよね。カフェ好きにとっては嬉しい限りです。

今日は、最近行ったカフェで1番心にグッときた富山市住宅街にあるカフェ・ギャラリー・アトリエ『Sisu』を紹介します。住宅街に突如現れる素敵なお店です。

目次


1. Sisuとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. ランチ
    4.2. デザート
    4.3. ギャラリー
    4.4. アトリエ
5. まとめ


1. Sisuとは


画像引用 「Sisu」より

Sisuとは、陶芸家のオーナーSayo hanafusaさんが作る世界観のギャラリー、カフェ、アトリエです。

“すべての出逢いを大事に日々の暮らしを丁寧に過ごす”をコンセプトに彩り広がる空間となっています。

ギャラリーでは、県内外で活躍する作家さんの作品を展示販売。カフェでは、旬の野菜を使ったやさしい味わいの料理を提供。アトリエでは、土の魅力を伝える陶業教室を開催しています。




2. 場所

住所はこちら
富山県富山市町村2-25

車の場合
北陸自動車道流杉ICより車で5分

電車の場合
不二越駅より徒歩30分






3. 営業時間

営業時間
木・金・土曜日の11:30-17:00

ランチは月に一度イベント開催中の3日間のみ
いつやるかは月によって違うため、Facebookで確認お願いします。

休業日
月・火・水・日曜日

臨時休業もありますので、詳しい情報は公式Instagramを確認してください。




4. 行ってきた

ということで、Sisuにやってきました。

はい、外観からしてかなりオシャレでもうここで1枚は写真を撮ってインスタにあげておきたいですね。かなり外観から雰囲気が出ていますが店内に入ってみましょう。


アンティークの扉を開けると、一瞬で「好きだ!」と一目ぼれに近い感覚になりました。

日本じゃないみたい。いや、富山じゃないみたい!


壁の色も、タイル一つ一つも、空間すべてに陶芸家のオーナーSayo hanafusaさんのこだわりと愛情が詰まっている空間です。




4.1. ランチ

ランチメニューは、母の味を再現したかのような、おいしさの中に優しさが含まれている「おまかせプレート 母の味」をオーダーしました。


「陶芸家として、器は料理を盛ってこそ生かされる、手作りの器の魅力を沢山の人に感じてもらいたい」という想いで作られたカフェだけあって、器にも目がいきます。どれも素敵!

舌でおいしさを感じ、目で器の美しさを感じることができるランチは、一口食べるごとに感動が押し寄せてくるような感覚でした。カフェで、この感覚を味わえるだなんてなかなかないよ?


食べ終えてから発見できる器の絵柄にクスッと笑わせてもらいました。こういうお茶目さと演出は、女性ならではだと思うんですよね。




4.2. デザート

食後のデザートは「Sisuパフェ」とアイスコーヒー。

新たな器との出会いがここにもありました。sisuクッキーが、ちょこんと乗っていて可愛い。味も優しくて本当に癒される味わいでした。




4.3. ギャラリー

カフェの入り口は、ギャラリーとなっています。

オーナーさんが目で見て心に響いた県内外の作家さんの服やアクセサリーなど、選りすぐりの作品が展示、販売されています。


オーナーの陶芸家Sayo hanafusaさんの作った器なども、ここで購入できます。




4.4. アトリエ

隣のアトリエにもお邪魔させてもらいました。

ここで、あの素敵な器たちが作られているのか!と思うと胸熱です。冬季はカフェを休業し、アトリエで作品作りに専念することが多いとのこと。


Sayo hanafusaさんの作る作品は、どれも素敵なものばかり。

イタリア暮らしが長かったSayoさんだからこそ生み出せる色彩やデザインに心奪われます。




5. まとめ

Sisuの店内ディスプレイも、出てくる食器も、目に映る全てに感動できる場所でした。

愛情こめて作られた器や味や空間に感動しましたが、何よりオーナーさんの信念やこだわりに心が動かされたカフェでした。

このお店が富山にあって、よかった!富山に住んでいてよかった!と素直に思わせてくれたお店です。

写真を撮るのも楽しく、ついつい長居をしたくなるカフェ「Sisu」皆さんも、是非、訪れてみてはいかがでしょう?

     

ADDRESS 富山県富山市町村2-25
ホームページ Sisu
OPEN 11:30-17:00
CLOSE 月・火・水・日
Parking あり

関連記事一覧