【富山の駅弁】食べなきゃ北陸新幹線に乗る意味なし




dpp_2518

どうも、編集長のサクラです。


突然ですが、みなさんは駅ですることと言えば、何を思い浮かべるでしょうか?

1位は、もちろん電車に乗ることでしょうが、2位は駅弁を食べることなのです!

「いやいや、お土産を買うのが2位でしょ。」

そういった友人は、あとで八つ裂きにしました。

ということで、やってきたのは富山駅。

ここには富山のあらゆる駅弁が大集合しており、もう範馬刃牙の地下闘技場くらい争っているのです。


dpp_2519

特に、マス寿司で有名な『源』が販売している駅弁のラインナップは最強。

やはり富山の駅弁と言えば、ますのすしですよね。



もしこれ以降サイトの更新が無くなったら、駅弁が美味過ぎて死んだと思って下さい。

そして駅弁の醍醐味といえば、なんといっても電車の中で食べること。


dpp_2520

さらにそれが新幹線だと、外から見ると時速200kmでご飯を食べている超人のように見えます。

そんな想像をすると、なんだか得した気分になるのでオススメです。

dpp_2521

ということで、購入したのは源の「とやま弁当」

なんていうか、一番富山っぽいというか、もう弁当の名前に富山って書いてあったらその県の代表でしょ。

日本人が日本の人であるように、富山弁当も富山の弁当なのです。

先ほどはますのすしを紹介しましたが、富山の『と』の字もないじゃないですか。


dpp_2522

パッケージには、富山県のゆるキャラ「きときとくん」と源のゆるキャラ「ますまる」

・・・これはいらんかな。


dpp_2527

メニューは右からこちら。

紅ずわい蟹
とやま黒大豆枝豆
酢れんこん
錦糸たまご

とやまポークロースト
茗荷の酢漬け(富山県郷土料理)
厚焼たまご


dpp_2528

鰤かまステーキ
白海老浜焼き
生姜の酢漬け
紅葉麩

とやま牛 すき煮
パプリカのピクルス
らっきょう 赤ワイン仕込み


dpp_2533

そして、富山のキリンビール「富山づくり」

駅ですることの4位は、平日の昼間からビールを飲むこと。

うぽぽーい!!!


dpp_2524

まずは、紅ズワイガニ。

実は富山県は、最近、紅ずわい蟹を「富山湾の朝陽(あさひ)」というキャッチフレーズでブランド化したところ。

これを食べることができるなんて贅沢ですね。


dpp_2525

白エビもこんな感じになっています。

やはり、富山県と言えば、ブリと白エビ。

そこらへんもばっちりこのとやま弁当には凝縮されています。


dpp_2529

さらに、魚介一点勝負だけでなく、肉も2点入っており、オシャレに仕上げつつ、ガッツリでもある。

あと、ブリもこれでも勝手くらいでかいし。

米は、すべて富山県コシヒカリを酢飯にしており、おかずに対してさっぱりとした味わい。

実はこちら、富山県行政の企画で考案された駅弁であり、その熱意を感じる弁当でした。


dpp_2526

ということで、ただただ駅弁を食べたいだけで乗りかかった新幹線。

今からそのまま帰ろうと思います。

みなさんも、ただただ駅弁を食べたいがために新幹線に乗ったならば、2万円くらい損をしますので、何か用事があるときに買って食べてみてください。

また富山県に出張で来るって人はこちらの記事をどうぞ。

関連記事一覧