【京坪川沿いの桜並木】日本一小さな村の桜の名所に行ってきた




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、富山県に日本一小さい村があることをご存知ですか?

日本一小さいという肩書きがあるだけで、この村に何があっても『日本一小さい村の○○』ってなりますよね。

そこで今回紹介したいのは、日本一小さい村の桜の名所「京坪川沿い」です。

ちなみに富山県の桜の名所をまとめて記事もありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山】桜の名所・お花見スポットをまとめてみた
【富山の夜桜】ライトアップ桜の美しいスポットまとめ

目次

1. 京坪川沿い
2. 場所
3. 開花時期
4. 行ってきた
5. まとめ





1. 京坪川沿い

京坪川の桜並木は、1987年に村中心部~東芦原住宅団地を結ぶ村道の開通に合わせ植えられました。

隣接した京坪川河川公園も2006年に整備され、周辺は利用しやすくなってきており、今では舟橋村を代表する桜の名所となりました。

開花期間中の週末(金土日)の午後5時~9時には隣接する京坪川公園の一部もライトアップされ、夜のお花見も楽しむことができます。




2. 場所

住所
富山県中新川郡舟橋村竹内

電車の場合
越中舟橋駅より徒歩2分

車の場合
立山ICより車で9分






3. 開催期間

今のところ昼間に何かイベントがあるわけではありません。

しかし開花期間中の週末(金土日)の午後5時~9時にはライトアップされます。




4. 行ってきた

ということで、舟橋村の京坪川沿いにやってきました。

ぼんぼりも付いており、夜にはライトアップを楽しむことも出来るようです。

道路沿いは、すごい桜並木ですがこの川の横にある公園にも桜が咲いています。


というのも、この桜並木の横は「京坪川河川公園」となっており、通称「オレンジパーク舟橋」と呼ばれています。

京坪川河川公園という名前だけなら、めっちゃかっこ良かったのに、急にオレンジパーク舟橋ってどういうことなのだろうか。

ただ、公園には若い人妻がたくさんいました。舟橋村すげぇ。


舟橋村は、日本一人口が増加している村としても知られており、その背景に育児手当があります。

つまり、育児手当が充実しているため、若い子どもがいる家族がたくさん村に集まって来るんですね。


そして公園を散策していると、まだ発展途上ということでこんな桜を発見しました。

丸太埋め込んだみたいになってる。

桜の生命力を感じますが、なんかすごい造形ですね。


今度は、ちょっとオシャレな雰囲気のところにやってきました。

オシャレといっても、ただ、木の橋みたいなのがあるだけですけど。

梅雨の時期には、ここにハナショウブが咲き誇るみたいです。

今日はちょっと曇っていましたが、晴れていたならば遠くに立山連峰が見えます。




5. まとめ

ということで、舟橋村は人も少なく平和に桜を観賞することが出来ました。

実際に、村っておじいちゃんおばあちゃんばっかりだと思っていましたが、ここは全然そうではありませんでした。

村っていいな。

ちなみに富山県の桜の名所をまとめて記事もありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山】桜の名所・お花見スポットをまとめてみた
【富山の夜桜】ライトアップ桜の美しいスポットまとめ

関連記事一覧