パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠

【だんごや】大岩山そうめん激戦区にある老舗旅館に行ってた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは最近、仕事や家事で忙しくしていませんか?

そんなハードワーカーのみなさんもたまには、だんごでも食べて一息したいですよね。

ちなみにだんごといえば昔、「だんご三兄弟」が一時めちゃくちゃ流行っていました。

日本中がだんご三兄弟に夢中になっていくにつれ、私は今後、日本は崩壊するだろうと予想していたのですが、ブームは去りホッと一息です。

そんなだんごですが、大岩山日石寺においしいだんごやがあるというので、今回はそちらのお店を紹介したいと思います。

目次


1. だんごやとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. そうめん
    4.3. だんご
5. 大岩山日石寺
6. まとめ





1. だんごやとは


画像引用 「だんごや」より

旅館だんごやは、富山県上市町にある創業約125年の老舗旅館です。

ここは立山連峰のふもとにある大岩山日石寺ということろにあり、建物は時代に取り残されたままに、水戸黄門の旅籠のような雰囲気だとよく言われています。
【大岩山日石寺】そうめん食べて滝行も!夏は上市町に行こう

大岩山の名物であるそうめんはもちろん、旅館としても利用されており、静かで落ち着ける雰囲気は大人の贅沢というものです。




2. 場所

住所
富山県中新川郡上市町大岩32

電車の場合
富山地方鉄道上市駅よりバス約30分 大岩バス停下車

車の場合
立山ICより車で約15分
大岩山日石寺の無料駐車場をご利用ください。






3. 営業時間

営業時間
旅館と昼の飲食店をしているため不定です。
電話で問い合わせていただくのが一番ですが、お昼頃行けばだいたい開店しています。

定休日
不定休(4月26日~9月30日休みなし)




4. 行ってきた

ということで本日は、だんごを食べに上市町の大岩山日石寺にやってきました。

ちなみにだんごやのお店の名前は「だんごや」です。

ちょっと、アレだったかもしれないのでもう一度言うと、今日ご紹介するだんごやは「だんごや」です。


DPP_3981

だんごやの店内は、すごく落ち着いた昔の宿屋って感じです。

現在のオーナーは、時代の流れに沿うように幾度となく「改装」を考えたのだそうですが、この木造3階建てを愛してくださる方が大変多く、今は絶対に守らなければならないと改装をしない方針だそうです。

最近、「伝統とは革新の連続である。」という言葉をよく耳にしまが、先代から伝えられるは「毎日を飾らずとも大胆に、自然の恵みを壊さずありがたく頂き、常に旅館だんごやらしさを追求し続けなさい。」ということ。

この雰囲気が大人の贅沢なんですよね。




4.1. メニュー

さて、メニューを見てみましょう。

岩魚、山菜、そうめん・・・。




だんごメインじゃなかった。


ちなみにここ大岩山日石寺周辺は、そうめんの激戦区になっており、そうめん屋さんが7店もひしめいている。

ラーメン激戦区は聞いたことあるけど、そうめんて初体験だわ。


また詳しいメニューはこちらのホームページに記載されています。

されどそうめんですが、めちゃくちゃウマそうですね。




4.2. そうめん

ということでまずは、そうめんを食べてみることに。

おぉ、ダシが変わった味だなぁ。

さらに話によると、ここのそうめんは3年も寝かせているらしい。3年も寝かしたらリハビリが必要ですね。

出汁は気温、湿度に気をつかい、もちろん毎日主人により手作りされ、麺は販売店にて3年間じっくりと寝かしたもののみを使用しております。

味の深みを感じていただきたい思いから、薬味は葱と生姜のみだそう。

大岩の天然水で作り上げた臭みのない奥の深さを感じさせてくれました。


今度は、岩魚です。

やっぱり、川の綺麗なところでは岩魚がとれますからね。

これがまた、そうめんと相性が抜群で、もうそうめんと岩魚は結婚してもいいくらいです。




4.3. だんご

最後に、本命のだんごだぜ!

あずきがすごい大量にのっています。

しかも串に刺さっているバージョンじゃなかったので、だんご三兄弟を彷彿とさせなくて良かったです。


どれどれ。




うん!もっちもちやで!


市販のだんごより、圧倒的に美味しい!さすが、だんごやの中のだんごや、だんごがメインやで。


また夏ということで、ラムネもありました。

まぁ大岩山の料理とは異なりますが、夏といえばやっぱりラムネですよね。

そうめん食べて、岩魚食べて、だんご食べて、ラムネでさっぱりと・・・最高の夏休みやないか!

これはぜひみなさんにも行ってほしいお店ですね。




5. 大岩山日石寺

さて、こちらのお店の近くにある大岩山日石寺は、古くから不動明王の祈願所として霊場とされていた大岩山にあるお寺です。

境内には、国指定史跡大岩日石寺石仏、重要文化財大岩日石寺磨崖仏をはじめ、三重の塔、山門、六本滝など数々の寺院や名所があります。

また、冬の滝打ち修業も有名で、予約すれば体験もすることができます。

さらに、百段坂沿いにはお食事処や旅館があり、ここにだんごやがあるので、ぜひお寺巡りとセットで行きたいですね!
【大岩山日石寺】そうめん食べて滝行も!夏は上市町に行こう




6. まとめ

ということで、こちらのだんごやは大岩山に来たならばぜひ行っておきたい場所ですね。

ちなみに近くにある「大岩不動の湯」という温泉も経営しているという凄腕。

もちろん他にもそうめん屋は合計7店舗あるので、全店舗のそうめんを食べてみて、そうめんマスターを目指すのもいいですね。

わたしは他にも大岩館というお店にも行ったことがあります。
大岩で一番古い歴史を持つ大岩館のそうめんを食べてきた

また、富山の素麺といえば大門素麺もあるので、家でそうめんを食べるならこれですね。
【大門素麺】江戸時代から伝わる伝統のそうめんを食べてみた

ぜひいろんなそうめんを食べて、この夏を乗り切ってください!

ADDRESS 富山県中新川郡上市町大岩32 ‎
TEL 076-472-2306
OPEN 朝から夕方
CLOSE なし


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る