【新元号は令和】出典は万葉集で高岡市万葉歴史館に取材殺到中!




菅義偉官房長官は1日午前、平成に代わる新しい元号を「令和(れいわ)」とすると発表した。

最初の元号とされる645年の「大化」から数えて248番目。

菅官房長官は会見で、令和の典拠は日本最古の歌集「万葉集」であると説明しました。

5月1日に新天皇の即位と改元を予定します。




出典は万葉集から

新元号の出典は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花(うめのはな)の歌三十二首」。

『万葉集』を典拠にした理由について、「1200年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」と説明しました。




高岡市に取材殺到!?

日本の古典に由来する元号は初めてということで、高岡市万葉歴史館も問い合わせが殺到しているそうです。

全国から観光客が増えればいいですね!
【高岡市万葉歴史館】日本最古の万葉集博物館に行ってきた

関連記事一覧