世界遺産の五箇山は有名だけど地名の由来って?【とやまクイズ】




通勤・通学途中に富山のことがもっと詳しくなれる【とやまクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓


Q 世界遺産の五箇山は有名だけど地名の由来って?

a.5つの谷からなるため
b.5つの山があるため
c.平家が5人住んでいたため
d.五平餅が名産のため





答. 5つの谷からなるため

五箇山の地名が初めて見られるのは室町時代、1513年となります。

名前の起こりは5つの谷間(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)から構成された集落群の総称といわれ、加賀藩政時代には約70の集落がありました。

現在は共に世界遺産の相倉集落を有する旧平村、菅沼集落を有する旧上平村をと合わせて「五箇山」と呼びます。
【五箇山】絶景の展望台や名物いわなを食べに行ってきた

関連記事
とやまクイズとは?

関連記事一覧