パートナー枠

フェイスブック

雪が降ってきたけど、富山県の積雪量は年々どうなっているの?【とやまクイズ】

通勤・通学途中に富山のことがもっと詳しくなれる【とやまクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓


Q 雪が降ってきたけど、富山県の積雪量は年々どうなっているの?

a.減っている
b.増えている
c.変わっていない
d.知ったこっちゃねぇ





答. 減っている

昭和62年〜平成28年までの平均累計降雪量と平成19年〜平成28年の平均累計積雪量を比べてみると、富山市の気象データですが累計降雪量が減っていることがわかります。

つまり平均すると、年々降っている雪の量は減っているということなんです。

また昔はすごく雪が降っていたというのは、融雪インフラがちゃんと整備されてないときのことだとも判断できます。

今は大雪が降っても、朝一に融雪車が動いてくれますし、融雪剤もしっかりと撒かれています。

そのため昔の方が最近は雪が減ったように視覚的にも感じることになっているのかもしれません。
【富山の積雪】年々雪の量が減ってるって本当なの?調べてみた

関連記事
とやまクイズとは?



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る