パートナー枠

フェイスブック

【富山ブラックどらやき】明治神宮奉献銘菓にもなったすごいお菓子

どうも、編集長のサクラです。


突然ですが、わたしはある食べ物を求めて、射水市にやってきました。

射水の特産品と言えば、白エビや紅ズワイガニなど魚介類のイメージがあります。

しかし、その味が絶妙に美味しくて、テレビにも紹介されるほどの絶品スイーツがここにあることを知っている人は少ない。

その名も『富山ブラックどらやき』です。

「どうせ富山ブラックラーメンのパロディーお菓子でしょ?」という読者がいるかと思いますがまぁ待って下さい。

こちとら明治神宮奉献銘菓にもなったすごいお菓子なのです!

目次


1. 富山ブラックどらやき
2. 販売場所
3. 行ってきた
4. まとめ





1. 富山ブラックどらやき

富山ブラックどらやきは、富山県射水市にある野村屋という餅屋が製造するどらやきです。

野村屋では無添加の、大福・赤飯・おはぎなどを毎日手作りしており、他にも季節の和菓子など販売しています。

射水市のご当地キャラクター“ムズムズくん”をあしらったどら焼きも子どもに人気なだけでなく、富山ブラックどやらきは明治神宮奉献銘菓にもなるほどの実力があります。




2. 販売場所

販売場所は、知っているかぎり以下のとおり。

・野村屋
・駅ビル「クルン高岡」内のお土産物屋
・番屋カフェ

など、高岡にあるお土産屋に販売されているようです。

通販では、射水市にふるさと納税で販売されていました。





3. 行ってきた

ということで、新湊曳山まつりでも有名な射水市本町にやってきました。

ちなみにこちらのお祭りは映画化にもなって、本当にすごい迫力なのでぜひみなさんにも行ってみてほしいくらいです。
【新湊曳山まつり】映画にもなった富山の祭に行ってきた

そんな旧新湊市の街中で創業47年の御菓子屋『野村屋』

そして、今回食べに来たスイーツというのが富山ブラックどらやきなのです。


「いやいや、まてまて。どう考えても富山ブラックとどらやきは合わないだろ。」そんな読者の声が聞こえてきます。

確かに、富山ブラックといえば醤油と胡椒の効いた塩っぱいラーメン。

そんなもんが、あのドラえもんが大好き甘いあんこの入ったどら焼きと合うわけがない!

しかし、こちらの商品・・・実は明治神宮、奉献銘菓になるほどの実力があるのだ!

さらに、メディアにも取材されるほど。年間3万個以上も売り上げるヒット商品でもあります。

これでただの富山ブラックラーメン便乗商品じゃないことがわかっていただけたと思います。

さて、1つ税込み185円ということで、買って食べてみることに。


これは楽しみですねぇ。

パッケージには醤油バター使用との文字もあり、やはり甘いお菓子に醤油を使っているようだ。

地元である中六醸造の甘口醤油だそう。


裏面にも簡単な説明書き。

あまくち醤油と小豆のおいしい出逢い。
中六醸造の素材を活かす「甘口醤油」と、丹念に焚いた北海道山の大納言が、おいしい味わいを生み出しました。
新しい美味しさをお愉しみください。

早速、開けてその場で食べてみることに。


どらやきの中でも大きい方だなこれは。

そして、焼き印で「富山ブラック」と書かれていました。

よくよく考えたら、和菓子にブラックって英語が書かれているの面白いな。

文字を気にせず、思いっきりかじって食べてみましょう!







!?






めちゃくちゃ美味しい!


確かに醤油の味と香りがするんですけど全然邪魔にならないし、むしろ新しい味がする。

最初はどらやきの皮で醤油の芳ばしい香りが入ってきた、あとからあんことバターがガツンと口の中に目一杯広がっていく。

いや、マジで美味い、ステマじゃないよ。




4. まとめ

ということで、富山ブラックどらやきはめちゃくちゃおいしかったです。

これはみなさんにぜひ食べてほしいですね。

調べてみたところ、射水市周辺のお土産屋さんにはこのどら焼きが売っているようで、本当に食べてみたかったらもう野村屋に行くのがいいかもしれません。

今後、ますます売れていきそうな予感なので注目しておきましょう。

     

ADDRESS 富山県射水市本町3-6-4
TEL 0766-82-3637
OPEN 8:00-19:00
CLOSE 火曜日
Parking あり


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る