赤ワイン仕込み!城端ふるさとポークカレーを食べてみた




どうも、編集長のサクラです。


富山県の数々のレトルトカレーを紹介していますが、今回紹介するのは南砺市のカレー。

南砺市と言えば、世界遺産の五箇山なのですが、全然カレーのイメージがないですね。

それがこちら。

『城端ふるさとポークカレー』

はい、めちゃくちゃ世界遺産の五箇山で釣っています。

言い方を変えれば、世界遺産のカレー。

世界遺産のカレーと言われると、もうこれは買う以外の選択肢がなくなるわけです。

しかも、赤ワイン仕込み!

ワインは南砺の名産品なのか・・・?


まぁいっか!

パッケージの裏には、いかにこのレトルトカレーが富山県産の食材にこだわっているかがアピールされている。

皿のデザイン。

そして、はとむぎパウダーは氷見産でした。

中身はこんな感じ。

他のレトルトカレーと違い、中の袋にも原材料名などが書かれていた。


それでは、早速、熱湯で5分温めます。

温めている間に、ネットでこの商品をググってみたのですが、なかなか情報がありません。

全然レビューされてないな。

こりゃ、このサイトで本気でレビューするっきゃない!

ということで、完成しました。

見た目はすごい普通ですが、ルーだけでなく具が少しあるって感じですね。

この具の正体は・・・。

豚肉です。

これが城端ふるさとポークですか。

味はというと・・・あっ、濃厚だ。

めちゃくちゃ濃厚でドロドロってわけではないんですが、赤ワインが入っているためカレーにコクが生まれています。

少し辛みもあって、大人向けのカレーですね。

食べていて、城端?世界遺産?という単語が脳裏に浮かびましたが、そんな言葉は忘却しました。

普通のレトルトカレーとしては美味しいですが、わざわざ富山県民が買って食べなくても良いレベルかな。

つまり、お土産にどうぞ!

ただ、これを食べれば友人に「世界遺産のカレーを食べた。」とSNSで自慢できます。

早速、わたしも写真と一緒に送ってみたのですが、「レトルトやん。」とコメントが返ってきたきり、既読スルーされました。


ぜひみなさんもSNSにアップするためだけに買ってみてください。

関連記事一覧