パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【メリースマイルカフェ】クラフト膳が楽しめるお店に行ってきた

こんにちわ、ライターのサンソンです。

突然ですが友人とランチを食べに行ったときに、和食かカフェ飯かどちらが食べたいと言い争いになったことはありますか?

私は和食が食べたい気分、友人はTHEカフェ飯を食べたい気分の時に両者一歩も譲らない戦いが勃発した事がありました。

それ以来、その友人とは絶交しているのですが、そんな戦いに終止符を打ちたい!

そこで今回紹介したいのが、両方のランチをいただけるお店『メリースマイルカフェ』について紹介したいと思います。

目次


1. メリースマイルカフェとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. ランチ
    4.3. デザート
5. まとめ





1. メリースマイルカフェとは


画像引用 「メリースマイルカフェ」より

メリースマイルカフェは、高岡市にある「たかおかまちっこプロジェクト第一弾」として空き家を活用してできたカフェです。

高岡伝統産業工芸品を器にしたクラフト膳が大人気で、高岡漆器、すずがみなど伝統産業の器に盛りつけたごはんは可愛くておいしい!

老若男女たのしむことができるカフェとなっています。




2. 場所

住所
高岡市本丸町13-10
高岡古城公園のすぐ近くです。

電車の場合
万葉線 高岡軌道線広小路駅より徒歩1分

車の場合
高岡ICより車で12分






3. 営業時間

営業時間
11:30~19:00

定休日
毎週日曜日
​※貸し切り・イベント時は、夜、日曜日も営業致します。




4. 行ってきた

ということで、やってきたのは高岡市にある「MERRY SMILE CAFE」

空き家を利活用したカフェということですが、店内はどうなっているのでしょうか。


広い店内はまさしくカフェ。可愛いカフェ。

若くて可愛い女の子達が入店してすぐに「可愛いー!」と言っていたので、このお店の雰囲気は可愛いというカテゴリーに属するのは確実です。




4.1. メニュー

ランチメニューはというと、クラフト膳、ワンプレートランチ、ハンバーグプレートがありました。


クラフト膳〈ドリンク付き〉
高岡漆器、すずがみなど伝統産業の器に盛りつけた週替わり膳です。尚、ご飯は十六穀米になります。

ワンプレートランチ〈ドリンク付き〉
季節の素材に合わせてセレクトした

ハンバーグプレート〈ドリンク付き〉
ボリュームも味も大満足のプレートランチ!

私は和食欲を満たすため、期待を込めてクラフト膳を注文しました。




4.2. ランチ

こちらがクラフト膳です。

クラフト膳はメインメニューが日替わりらしく、この日のメインメニューは鶏つくねでした。

そもそもクラフト膳とは、高岡の伝統産業の食器を使ったランチで、漆器やすず紙など普段触れる機会の少ない食器でランチを楽しめるのがMERRY SMILE CAFEの魅力の一つなのです。


カフェ飯を食べたい欲が止まらない友人は、ワンプレートランチを注文。

ワンプレートランチも内容は日替わりで、この日はデミグラスソースのオムライスしした。

濃いデミグラスソースが食欲をそそります。

このように、和食とカフェ飯という意見の食い違いも満足させてくれるカフェがここにはありました。




4.3. デザート

ちなみにデザートには、フォンダンショコラをいただきました。

 フォンダンショコラ以上にソフトクリームがすんごい存在感でした。

あとはコーヒーなどのドリンクも一緒についているので嬉しいですね。




5. まとめ

ということで、ぜひメリースマイルカフェでクラフト膳を食べてみてください。

また店内にはテーブル席だけでなく個室の座敷もありお子様連れの方も安心です。キッズメニューもありましたよー!

ぜひみなさんも高岡にお越しの際は行ってみてください。

     

ADDRESS 富山県高岡市戸出町2-14-13
公式Facebook メリースマイルカフェ
OPEN 11:00-17:00
CLOSE 日曜日
Parking あり


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る