【富山で芸能オーディション】時代に合った夢を掴み方と事務所を紹介




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、「我が子をモデルにしてあげたい」「どうしても東京でタレントになりたい」と思ったことはありませんか?

富山県という東京からも大阪からも遠い地域性もあって、富山県からなかなか芸能デビューをする人は少ないです。

やはり富山で有名なのは、柴田理恵さんですが、かなり年配で夢はありません。

ただ最近だとNGK48の中井りかさんや、You Tuberのはじめしゃちょーさんなど、マルチに活躍する若い方が出てきました。

そこで今回は、どのようにすれば東京で芸能界デビューできるのかを今の時代に合わせて調べてみました。

目次


1. 新たなプラットフォームを活用
    1.1. SHOWROOM
    1.2. Instagram
    1.3. YouTube
2. 従来のオーディション
    2.1. テアトルアカデミー
    2.2. YStar ワイスター
    2.3. キャストネット・キッズ
3. まとめ

1. 新たなプラットフォームを活用

ここでわたしが一番に言いたいのは、今は従来のオーディションを受けなくてもいくらでも裏道はあるということです。

昔でしたらわざわざ東京に行ってオーディションに行って、何度も落とされながらも夢を掴むことが王道でしたが、今はそんな時代でもありません。

むしろオーディションで夢を叶えるといったシンデレラストーリーは、確率も非常に低くて挫折する若者も多い現状です。

そこでわたしがおすすめするのは、走りながら夢を叶えるという方法。

小説家になりたければ小説を書きながら前を進む、芸能デビューしたいのであればデビューしながら前に進みましょう。

わざわざなりたいものになるために、学校や勉強で足踏みしている時間はないのです。




1.1. SHOWROOM

メキメキと需要が伸びているライブ配信ですが、とくに人気が非常に高まってきているのが、仮想ライブ空間を作ってライブ配信をできるSHOWROOMです。

このSHOWROOMは、事務所にしたアイドルやアーティスト、モデルの人がファンに向けた交流目的に利用していることが多いですが、素人の一般人も利用することとができます。

しかもギフティングという、視聴者からのプレゼントによって、配信者に収入が入る仕組みになっています。

人気者になると月100万以上稼いだり、芸能界デビューする人もいます。

配信者は人気アイドルやアーティストをはじめ、アマチュア枠もあり一般人でも配信ができます。ユーザーは約7割が男性で、30〜40代の年齢層がボリュームゾーン。アプリとパソコンから視聴が可能です。

画面はライブ会場のようなユニークなデザインで、会員登録をしたユーザーはアバターとなり、配信者のステージを囲むように配置されます。

たくさんのアバターがステージを取り囲む様子は、まるで本物のライブさながら。そして、ユーザーの反応や空気感を感じながら、相互にコミュニケーションを取りつつ配信が行われるのも、生配信ならではの魅力といえます。




1.2. Instagram

若い女性に人気のInstagramは、自分のブランディングに利用できます。

ブランディングだけでなくお金を稼ぐ方法も可能で、「Danielle Bernstein」というファッションブロガーは、フォロワー数が160万人以上いて1枚の投稿で180万円稼ぎました。

彼女のInstagramとブログでは、日常的に着ているファッションアイテムを綺麗に着こなした写真を投稿し、そのブランドや商品の買い方を説明していおり、これに対して、着用しているアイテムのブランド各社から報酬が支払われ、これが彼女の収入源となっています。

日本で特に有名なのは「ゆうこす」で、HKT48を脱退して、SNSの力でもはや芸能界をしのぐレベルの有名人になりました。おそるべし。




1.3. YouTube

若い方なら、ヒカキンさんやはじめしゃちょーを知っている人は多いかと思います。

2017年の紅白歌合戦にもテレビに映るくらいYoutubeでのし上がってきた人たちです。

YouTuber出身で最も成功したと言われるアーティストはやはりジャスティン・ビーバーでしょう。

彼はまだ小学生の頃から歌と演奏に天才的な才能を発揮し、12歳の時にYouTubeにポストしたビデオをたまたま見かけたレーベルにスカウトされて、スターダムへ上り詰めました。YouTubeには当時のアマチュア時代のビデオがまだ残っています。




もちろんYoutuberから芸能界デビューすることも、テレビを見ていればわかりますが、トップクリエイターであれば月5,000万円を稼ぐ人もいます。

収益方法は簡単で、見られた動画再生数に応じて広告料が自動的には行ってくるという、初心者でも簡単に収益化できるビジネスモデルでもあります。

2. 従来のオーディション

とはいっても、新しいプラットフォームの活用は自分でマネージメントしないといけないめんどくささがあります。

例えば自分の子どもであれば、親がマネージャーとなって、自分で動画編集やプロデュースをしていかなくてはありません。

高校生くらいであれば自分でも走りながら芸能デビューすることもできますが、とりあえずオーディションに応募してみるのも選択肢として正しいです。

ということで、いくつかのおすすめの芸能オーディションを紹介したいと思います。

というのも、大手芸能プロダクションのオーディションをくぐり抜け芸能人になれれば夢のようですが、現実は厳しくそう簡単に合格できるものではありません。

そのため芸能関係を目指している方は、一つの登竜門的存在として片っ端から応募してみてください。




2.1. テアトルアカデミー

テアトルアカデミーは1980年に創設された総合芸能学院です。

タレントの養成を始めとする映画、CM、放送、出演斡旋(企業とのパイプの役割)といった企画制作部門を行っており、赤ちゃんモデルや子役といえばテアトルアカデミーと言われるほど有名な学院です。

ここでは芸能界で活躍するため様々なレッスンが用意されており、俳優やモデルを目指している方はもちろんのこと、歌手・声優・ダンス・時代劇といった幅広い分野を基礎から本格的なものまで学ぶことができる非常にメリットの多い養成所です。

年齢に合わせたレッスンを用意しており、赤ちゃんに関しては育児に関するものまでプロから学ぶことができるため、親にとっては子育てに非常に役立つ知識を得ることができるのです。

赤ちゃんからシニアまで、指導に関してあらゆるニーズに答えてくれる講師陣達は、今でも実際に芸能界で活躍されている方ばかりです。

テアトルアカデミーに応募




2.2. YStar ワイスター

ワイスターは、まだ創業して間もない芸能プロダクションです。

ただホームページに公開されているタレントさんはNHKのドラマにも出演するほど、小さいながらも確実に実績を積み重ねているようです。

まだYStar所属の有名芸能人はおらず、こちらに入ってから誰かが有名になるか、これを読んでいるあなたが有名になったならば、ワイスターに入りたいというタレントさんも沢山でてくるかと思います。

そいう開拓者になる精神は芸能界には必ず必要なので、自分の可能性を信じるならばここのオーディションに参加して、挑戦してみるのもいいですね。

オーディションは無料ですし、経験にもなるので損はありませんから。

ワイスターに応募




2.3. キャストネット・キッズ

自分のお子さんをテレビや雑誌、CMに出させたいのならばこちらですね。

NHK「いないいないばあっ!」や、P&G「パンパース」など有名どころのモデルはここから出てきています。

大人のモデルと違って、“普通”であることが求められるキッズモデル。そのため特別なレッスンを受けたりしなくても、モデルデビューのチャンスがあります。

またお子さんが芸能界を目指さなくても、一番可愛いこの時期に思い出作りとしても応募する方が多いようです。

子ども番組に出てくる人たちってどうやって選出されているのかと思いましたが、ちゃんとしたモデルオーディションを通った子どもたちだったのですね。

赤ちゃんモデルに応募



3. まとめ

富山県は事務所がほとんどなくて、一般公募のモデル募集もあまりありません。

やはり芸能界を目指すのであれば、東京のオーディション募集、またはモデル事務所に目を向けた方が良いですね。

もしくは自分でプラットフォームを構築して、自分で自分をプロデュースするのが今の時代に合った夢の実現の仕方です。

最後に、今回紹介したオーディションをまとめます。

・企業とのパイプも強い
赤ちゃんモデルや子役の名門【テアトルアカデミー】

・事務所と一緒に実績を積ねたい
自分の可能性を信じるならば【ワイスター】

・お子さんの思い出作りにも
子ども番組やCMに出したいなら【キャストネット・キッズ】



ぜひみなさんもオーディションは無料なので、一度サクッと応募してみてください。

もしくはSHOWROOMでもYoutubeでも一度、動画配信をしてみてください。世界がそこから変わり始めます。

関連記事一覧