忍者ハットリくんのカラクリ時計とともに湊川の桜並木




どうも、お色気担当のサンソンです。


突然ですが、ヘチマは1週間で149cmも成長するらしいです。

すると、計算では1年で約80mも成長するのです。


ヘチマを育ててみたいと思いませんか?思いませんね。

DPP_0612

本日は、氷見市中心部を流れる湊川にやってきました。


実は、氷見市は、忍者はっとりくんや怪物くんの作者である藤子不二雄A先生の出身地でもある。

そのため、ここには忍者はっとりくんのカラクリ時計があるのです。

DPP_0613

そして、こちらがそのからくり時計。


本日は桜の季節ということで、ピンクの桜とコラボレーションしています。

ただ、曇りということで、魅力は半減。

DPP_0610

ちなみに、このカラクリ時計の内容はというと・・・。


時は戦国時代。

忍者はっとりくんとケムマキという少年がある日ケンカを勃発。

DPP_0609

そこに現れたのが、地獄先生こと「ぬーべー」

この左手の鬼の手が目に入らんのか! とばかりにケンカを制します。

DPP_0614

ハットリくんも「てやんでぃ、バロー、ちくしょう!」と言って撤退します。




そんな内容だった、そんな気がします。

実は以前にも行ったことがあるので、詳細はこちらの記事を見てください。
音声付で面白い!「忍者ハットリくんのカラクリ時計」

DPP_0615

ということで、このカラクリ時計は、朝9時から夜7時の毎正時に始まります。

また、春には桜の季節にしか見れない風景が広がります。


ぜひ気が向いたら、立ち寄ってみてください。


大きな地図で見る

関連記事一覧