【富山県内の倒産情報2020】新型コロナウイルス関連も相次ぐ




新型コロナウイルスの影響により、日本国内で倒産が相次いでいます。

特に倒産が多い業種は、旅館・ホテルなどの宿泊施設をはじめとする「観光関連事業者」

居酒屋、バイキングレストラン、ビアレストラン、ラーメン店などの「飲食関連事業者」

「観光関連事業者」と「飲食関連事業者」の倒産は全体の約7割を占めています。


(株)志学アカデミー
事業内容 学習塾経営
負債額 334百万円
破産手続き開始決定 3月3日




小矢部サービスステーション(株)
事業内容 飲食販売
負債額 250百万円
破産手続き準備開始 5月3日




立山電機(株)
事業内容 電材卸
負債額 1000百万円
破産手続き準備開始 5月1日



カープラザ富山中央(株)

事業内容 中古自動車販売業
負債額 600百万円
破産手続き準備開始 7月16日



(株)広岡商店

事業内容 鉄スクラップ卸業者
負債額 100百万円
破産手続き準備開始 7月17日

データ参照「帝国データバンク」

関連記事一覧