まだ年があけていない富山の遊び場!編集長の戯れ言




みなさんこんにちわ。

わたしです。編集長のサクラです。


日々生まれては埋もれていくネット記事、その中でこの記事を開いた読者さんは、相当な暇な方と見受けられます。

しかし、今年も今年とて年が明けようとしているんですよね。

これは噂なのですが、年が明けるの、もう2019回目らしいですよ。

明けすぎじゃないですか?

普通10回くらい明けたら飽きちゃいますよね?

それを2019回も明けちゃうだなんて、ちょっとハレンチ過ぎて見てられませんよね。


あと前まで街はクリスマス一色だったのに、正月まではジェットコースターのように期間が短いです。

富山県でもクリスマスを彩ったイルミネーションが11月から行なわれていて、「おいおい、2ヶ月もクリスマスを祝うのかよ。」からの「えっ、クリスマス明けの正月は元旦からきっちり6日だけなの?」です。

日本人なのに正月の期間短過ぎません?キリスト教でもないのにクリスマス長過ぎません?みんなもっとコタツでダラダラしたくありません?


そんな話を友人たちとしていたのですが、最初こそ若者っぽくウェイウェイしていたものの、10分もしないうちに「健康と老後の話」になってしまいました。

どれだけ大学生のころのような話題を切り出しても、いつのまにか「健康の話」になってしまうので、スゴ腕のDJに曲を繋げられている気分でした。

実際にわたしも30歳となって、人間ドッグを自費で受けにいくという「健康の話」の中心にいたわけですが、スゴ腕のDJはわたしだったようです。


話は逸れに逸れまくってしましましたが、富山の遊び場!も2012年にサイトを作ってから6年もの月日が経とうとしています。

ちょうどタヌキの寿命が尽きるくらいですね。

普段のわたしならば、6年という数字に動物の寿命を検索することはないのですが、どうかしているのはわたしではなく、年末のせいなのです。

それで読者の人数も月平均15万人だったり月50万PV見られたり、インスタフォロワー3万人と頑張っているわけですが、こうしてサイトが大きくなると下ネタも書けなくなってしまいました。

わたしも苦労しているんです。

PV数を増やすために下ネタを書かないようにしているなんて、野球選手が運動のためのオ○禁をしているようなもんなんです。

辛い・・・けど来年も頑張ります。

おしまい。


あっ、新年にちゃんとした記事も書きますので、そっちも見てくださいね。

関連記事一覧