【エルバッチャ】小粋なハ尾のワイン食堂でイタリアンを食べてきた




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、おわら風の盆で有名な富山市八尾という和の影響力の強い場所に、イタリアン料理店があるのをご存知ですか?

行ってしまえば、超アウェーなレストラン。

江戸時代の道場破りにイタリア人が来るくらいの勢いです。

そこで今回は、そんな八尾にあるワイン食堂『エルバッチャ』について紹介します。

目次


1. エルバッチャ
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. ランチ
5. まとめ





1. エルバッチャ


画像引用 「エルバッチャ」より

エルバッチャは、富山市八尾にあるワイン食堂です。

イタリア料理と言えばピッツァやパスタ料理がイメージされますが、こちらのお店ではイタリアの家庭料理を意識したメニューとなっています。

郷土食の素朴な「温かさ」と「食の楽しさ」を感じることができ、八尾や富山で採れる食材を料理に使っていきます。

山の幸、川の幸、野の幸、地元ならではの鮮度を生かし、自然の恵みをいただくことができます。




2. 場所

住所
富山県富山市八尾町新田3-1

車の場合
富山ICより車で25分

電車の場合
JR高山本線越中八尾駅より徒歩20分






3. 営業時間

営業時間
11:30~14:30、17:30~21:00

定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)




4. 行ってきた

ということで、八尾にある「エルバッチャ」にやってきました。

隣にはステーキハウスもあって、左にあるのがエルバッチャで、奥にあるのがステーキハウスです。

「ビーフ オア フィッシュ?」とでも言いたげな選択肢ですね。


左にあるのがエルバッチャで、奥にあるのがステーキハウス。




・・・


っおい!!!


危うくエルバッチャを通り過ぎてしまうところでした。

ちなみに、エルバッチャとはイタリア語で「雑草」という意味らしいです。

力強くへこたれないで頑張ろうという気持ちから付けられたみたく、わたしも頑張ろうって思いました。


さて、店内に入りました。

非常に落ち着いた感じです。

混みもせず、閑散としているわけでもなく、最高のお客さんフォーメーションです。

わたしが将軍でレストランで戦陣を組むとしたら、まさにこれです。




4.1. メニュー

メニューはいろいろありますが、ランチタイムにはランチメニューがあります。

あとはワインの種類も豊富にあるので、お酒好きにはたまりませんね。

まぁわたしは普通に車で来ましたので、ランチメニューから選びました。




4.2. ランチ

まずは、トマトのサラダ。

野菜は、地元の素材を利用しているので新鮮そのもの!

これは八尾のトマトだろうか?


メインのパスタでは、おすすめとかではなく、普通にわたしの食べたかったジェノヴェーゼを注文しました。

このオリーブオイルたっぷりのソースがまた、たまらんのですわ。

ジェノベーゼとは、イタリア・リグリア州のジェノバで生まれたソースなんです。

いやー、ジョノバの懐かしい味がします。

まぁ、イタリアとか行ったことないんですけどね。


食後には、ジンジャエールです。

だいたいおいしいお店は一味違う。

おいしいお店には、辛口のジンジャエールが必ず置いてあるし、安っぽい味もせず香りがしっかりとしています。

ジンジャエールによって、おいしいお店がわかると言っても過言ではありません。




5. まとめ

ということで、こちらのエルバッチャは八尾では珍しいイタリアンのお店となっていました。

それでいて本格的な味なので、これは遠方からわざわざ来る人も多いのではないでしょうか。

ぜひ八尾に来た際は、和食ではなく小粋なイタリアンなんかどうでしょう。

ADDRESS 富山県富山市八尾町新田3-1
ホームページ エルバッチャ
OPEN 11:30~14:30
17:30~21:00
CLOSE 月曜日

関連記事一覧