【南砺100キロマラニック2019】壮大な距離を走る世界遺産のマラソン




どうも、編集長のサクラです。


今年で第2回を迎える「南砺100キロマラニック」が6月2日(日)に開催されます。

世界遺産の五箇山や日本遺産の井波、越中の小京都城端、古くから市場として栄えた福野の街並みを巡るここでしか味わえないマラソン。

フルマラソンと違って100キロの道のりとなっているこちらの大会について紹介いたします。

目次

1. 南砺100キロマラニック
2. 開催日
3. コース
4. 交通規制
5. 参加資格
6. まとめ





1. 南砺100キロマラニック

南砺100キロマラニックは、富山県の南西部に位置する南砺市が本大会の舞台です。

世界遺産・五箇山合掌造り集落や庄川峡と新緑の山々、日本遺産の木彫刻の町・井波、どこか懐かしくも優しい散居村など、世界に誇れる里山の原風景がランナーの皆さんを待っています。

南砺が誇る伝統工芸の体験のほか、地元で愛される銘菓などから参加記念品としてもらうこともできます。

制限時間は15時間!

南砺の印象的な里山、街並みを心ゆくまで堪能することができます。




2. 開催日

開催日
2019年6月2日(日)

開催時間
午前4:00〜午後19:00




3. コース

富山県の南西部に位置する南砺市のタカンボースキー場からスタートします。

序盤の見どころは世界遺産に登録されている合掌造りの集落。

深い山に囲まれた菅沼、相倉の2つの集落には、茅葺き屋根の家々が今も厳かに立ち並びます。

集落を抜けて長い坂を登りつめると、小さな里、利賀へと辿り着きます。深い緑色をたたえた庄川峡を進み、小高い丘を登ると、目の前には散居村の見事な展望が広がります。

丘を下って、日本遺産に登録された彫刻家の集まる井波、越中の小京都城端、古くから市場として栄えた福野の街並みを巡ってフィニッシュへ。

100キロを走り切れるランナーにしか味わえない充実の“旅”が待っています。




4. 交通規制

特にそのような情報はありませんが、できる限りこの日は車で通らないようにしましょう。




5. エントリー方法

エントリー期間
2019年1月7日(月)~2019年3月31日(日)

1人参加:15,000円 
リレー参加:2名1組 一人10,000円/3名1組 一人8,000円/4名1組 一人6,500円/5名1組 一人6,000円

エントリー




6. まとめ

ということで、南砺市で開催されるマラソンイベントを紹介しました。

近年では、多くのマラソンイベントが開催され、中国ではブームとなっています。

美しい景色を見ながら、爽快に走るのはストレス発散にもいいですし、運動して健康的ですよね。

富山県でも様々な大会が開催されていますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山県内のマラソン大会2019】開催されるイベントカレンダーまとめ

関連記事一覧