パートナー枠

フェイスブック

もうすぐ「ひなまつり」だけど起源は何時代からあるの?【とやまクイズ】

通勤・通学途中に富山のことがもっと詳しくなれる【とやまクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓


Q もうすぐ「ひなまつり」だけど起源は何時代からあるの?【とやまクイズ】

a.縄文時代
b.平安時代
c.江戸時代
d.明治時代





答. 平安時代


「ひなまつり」の起源は今から約1000年前の平安時代、けがれ払いとして人形を川に流すのが始まりと言われています。

信仰の対象物という意味では、縄文時代の土偶と同じく当てはまりますが、平安時代からのモノが近いとされています。

それが今から約400年ほど前の江戸時代に女の子が生まれた際、子どもの一生が幸せなものとなるように、厄(わざわい)を人形に託し身代わりにするという風習が定着し、現在の形になったといわれています。

富山県でもひなまつりを祝うイベントがありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山のひなまつり】雛祭りの由来からイベント情報までまとめ


関連記事
とやまクイズとは?



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る