パートナー枠

フェイスブック

臨時休園していた富山市ファミリーパーク 11月23日より再開

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、11月5日に富山市ファミリーパークから二ホンザル脱出したニュースをご存知でしょうか?

結局、次の日の6日に捕獲されたのですが、今回の出来事から防止作業のためのため11月30日(金)まで臨時休園と発表していました。

しかし作業が一段落したようで、11月23日に営業が再開となります。

なぜこのような臨時休業が発生したのかと言いますと、実はサルの脱走は、この3か月で3匹となります。

富山市ファミリーパークとしては、同じような事故を2回も起こしてしまい、かなりの反省をしているようです。




サル脱走の詳細

富山市ファミリーパークによりますと、11月5日午後3時半ごろ、「サルが里山生態園から外に出るところを見た。サルが園内を歩いている」と来場者から連絡があったそうです。

ファミリーパークは5日に脱走したサルを発見しましたが、サルは園内の薮の中に逃げ込み、日没とともに捜索を打ち切りました。

ニホンザルの脱走から一夜。

ファミリーパークは、6日朝から職員28人体制で園内の捜索を再開しました。

すると、園内の自然体験センターの近くや里山生態園の周辺を歩いているニホンザルを発見したため、追跡を開始。

鎮静剤入りのエサでおびき出し、エサを食べさせ、麻酔銃で動きが弱まったところを6日夕方、網で捕獲しました。




すでに対策は行なわれていた

さきほど説明しましたが、ファミリパークでは9月から10月にかけてニホンザル2匹が相次いで脱走しています。

そこで、新しい電気柵や有刺鉄線を設置して10月13日に営業を再開したばかりでした。

ファミリーパークによりますと、今回脱出したニホンザルは、新しい電気柵や有刺鉄線とは別の場所から脱走したということです。

サルかしこすぎ。




まとめ

今回のニホンザルの脱出騒動に、プレーリードッグも「どうした?」という表情ですね。

ちなみに先月と今月に逃げた2匹は、既に捕獲されています。

また、今月5日になって里山生態園の柵のすぐ外側で見つかった骨の一部を鑑定した結果、ニホンザルの骨とわかり、行方不明としていた残る1匹は、死んだとみています。

ただ今回は本格的に対応ができたということで、これで安心していいかもしれませんね。
【富山市ファミリーパーク】ライチョウが魅力の動物園に行ってきた



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る