パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠



【必見】地域応援通貨YELが富山に誕生!!




2018年10月 富山経済が動いた!?





新聞をご覧の方はご存知かと思いますが、「デジタル地域通貨YEL」というものが富山で誕生したというニュースが流れてきました。もうね、雷に打たれたような衝撃でしたよ。

ついに、ついに、富山にもデジタル地域通貨の流れが来たのかっ!

ざっくり説明しますと、地域応援通貨YELは、富山県の施設・店舗・事業者への「送金・寄付・決済のために利用できるデジタル地域通貨」なのです。

ざっくりしすぎましたね。

慎重派な富山県民の皆さん、そして新しいものに興味はものすごくある富山県民の皆さん、もっと知りたいですよね。

ということで、地域通貨Yellの謎に迫りたいと思い、Yell TOYAMA事務局にやってきました。

「Yell TOYAMAホームページ」

使い方はこちらの記事
【マニュアル】富山を支える地域応援通貨YELを使ってみた!

サンソン
富山の遊び場!ライター
ライター業を行ないながら富山の魅力を探し続ける。色々こじらせており、自分のことをアタイって言う。北日本新聞フリーペーパーFuture執筆、富山テレビ出演など。






サンソン
「頼もう〜!ちょっこし地域応援通貨YELに興味があって、詳しく説明してもらいたいのですが〜。」



濱川さん
「どうもこんにちは。私は、Yell TOYAMA事務局の濱川と申します。地域応援通貨YELに興味を持っていただいて嬉しいです!YELの特徴は、ただ買い物で消費するだけのコインではないということです。」



濱川さん
Yell TOYAMA運営事務局の人
好きなものは富山の日本酒




サンソン
「地域通貨のイメージって、特定の地域で、キャッシュレスで買い物するためのものという風に思っていたのですが、それだけじゃないんですね。」




濱川さん
「YELは、富山を応援したい人と富山で頑張る人をつなぐ富山愛溢れたデジタル地域通貨です。県内外問わず、富山を応援したい人がYELを使い、富山で頑張る人が作った富山の商品や体験をする。また、富山の頑張る事業者に出資や応援、寄付ができる応援経済なのです。」





サンソン
「買い物だけでは終わる貨幣経済ではなく、YELを使えば使うほど、富山が盛り上がるといった仕組みなんですね。日々、富山の情報を発信している富山の遊び場!に誰か寄付してくれないかなぁ(欲望丸出し)」



濱川さん
「富山のファンが増えるような取り組みですので、富山の遊び場!さんに寄付ということも、あり得ない話ではないと思いますよ。」



サンソン
「寄付や応援をしてもらったら、もっと頑張ろうって思えますもんね。濱川さんは、東京にお住まいですが、富山のどんな部分に魅力を感じていますか?」



濱川さん
「もともと、日本の文化を世界に発信していく事業をしていたのですが、富山に訪れた際に、お米と魚と日本酒のおいしさに感動したんです。ここは、宝がいっぱいある場所だ!と一気に富山のファンになり、富山を応援したいという気持ちが生まれました。富山の宝を作っている人達に、もっと誇りを持っていただきたいと純粋に思っています。」



サンソン
「私も、富山はお宝が沢山ある場所だと常々思っています!県外、国外の方にそういう風に思ってもらえるのは素直に嬉しい!YELLコインを通して、更に富山の魅力に気付いてくれる人がいるといいなぁ。YELの仕組みや使い方を教えてください。」






濱川さん
「県内外・国内外の富山のファンがYELを購入し、富山の加盟店・富山のクリエイターから富山でしかできない体験、富山発の生産物を購入します。これまで値段がつかなかったような体験や文化、技術やノウハウを価値に変えます。使用されたYELの購買データはショップに還元され、より効率的な外貨獲得ができるような仕組みです。」



サンソン
「例えばYELでどんな体験ができますか?YELを使うのに必要なものや、入会費などありますか?」



濱川さん
「例えばですが、ぶどうを収穫して自分が携わったワインボトルを購入できる体験や、日本酒の1番絞りを飲める体験などを考えいます。YELを使う際に必要なのは、スマホだけです。入会費などの初期費用はかかりません。」



サンソン
「スマホで富山を盛り上げることができるということですね!YELでしか買えないもの、是非買ってみたいです!YELは、いつから利用できますか?」



濱川さん
「11月中旬から利用できる予定です!是非YELを通して、一緒に富山を盛り上げていきましょう!」


ということで、地域応援通貨YELの謎が溶けました!

そして、富山の遊び場!はYELを広めるべく、Yell TOYAMAアンバサダーになりました!アンバサダーって肩書きカッコイイよね!アンバサダーサンソンって呼んで!

とは言っても、まだまだ未知の世界のYEL。作ってみないと分からないこともあるよね。

次回からはサンソンが実際にYELを使用できる加盟店にお邪魔してきます!乞うご期待!

詳しくは、「Yell TOYAMAホームページ」

使い方はこちらの記事
【マニュアル】富山を支える地域応援通貨YELを使ってみた!



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る