パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【アオヤギ食堂】キーマカレーが女性に人気のまちなかカレー屋さん

富山市の市電荒町電停の近くで、ボーっとしながら路面電車を眺めているサンソンです。

お腹が空いて力が出ない…それは顔が濡れて力が出ないという喋るアンパンが頻繁に陥る現象と似ています。そろそろ防水加工したらどうだい。

何故、こんなにもお腹が空いているのかって?それは本日食べたいランチの為に朝食の量をセーブしてきたからです。よっ!計画的!いい女!

今回は前から行きたくてウズウズしていたお店『アオヤギ食堂』について紹介していきます。

目次


1. アオヤギ食堂とは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. 絶品カレー
5. まとめ





1. アオヤギ食堂とは

Spice&Smokeのアオヤギ食堂は、富山市のまちなかカレー屋です。

キーマカレーを看板カレーとし、また「きまぐれカレー」なる月替わりカレーなどもあります。ディナータイムはカレーメニューに加えましてチョイ飲み様の為にお酒のおつまみとして自家製の燻製料理などもご用意しており、誰でも楽しむことができて、特に女性にも人気のカレー屋となっています。




2. 場所

住所はこちら
富山市荒町5-4寺島ビルⅡ1F
総曲輪やANAクラウンプラザホテルの近くにありますので、徒歩で行ってみてください。

電車の場合
富山地方鉄道の荒町駅より徒歩1分

車の場合
駐車場はありませんので、近くの有料駐車場にお停めください。




3. 営業時間

営業時間
Lunch:11:00-15:00
Dinner:17:30-21:00(土曜日は 22:00まで)

休業日
木曜日
(※日曜日はランチのみです。)
臨時休業もありますので、詳しくは公式ホームページをご覧ください。




4. 行ってきた




ということで、やっと来れたよアオヤギ食堂。

テーブル席にはすでにお客さんが座っていたので撮りませんでしたが、カウンター席の他にテーブル席が3つあります。男性も女性も入りやすそうな雰囲気の店内。実際取材に伺った日も、男性5割女性5割な感じの客層でした。この比率を出せるお店なかなかない気がする!




4.1. メニュー

ランチメニューはこんな感じ。

ここはビジネス街なので仕事のお昼休みに来る人も多く、メニューもシンプルでいいですね。

数種類のスパイスを調合したオリジナルのキーマカレーがやはり断然おすすめなのですが、この日は朝から何を食べるか決めていたんです!




4.2. 絶品カレー

それがこちらの『あいがけカレー』

キーマカレーと、この日の日替わりカレーの牛すじキノコカレーの2つの味を味わえちゃう超贅沢な一品です。恋が生まれそう。

ビジネスの合間の昼食にしては、女性にも嬉しいヘルシーでちょうどいい量ですね。


食べたくて仕方なかったアオヤギ食堂のカレーが目の前に…もう、もう、会いたかったんだからっ!

味は言わなくても美味しいって伝わるでしょ?って思ったけど、「言葉で言わなきゃ分らないよ…」って欲しがり女子だった過去の自分を思い出したのでちゃんと言いますね。

アオヤギ食堂のカレーは心の底から胃の底から満たされていくおいしいさ!

無我夢中、一心不乱に食べました。

食べ終わった瞬間「寂しい…」ってなるカレーにあなたは出会ったことがありますか?アオヤギ食堂のカレーは、胃の容量が許す限り食べ続けたい味でした。男性にも女性にも人気があるのが納得のお店です。




5. まとめ


画像引用 「アオヤギ食堂」より

ということで、こちらのアオヤギ食堂。

インスタとかでいろいろ見てみると、お店を知ってはいるのだけれどなかなか行けていない人が他にも多かったようです。

確かに店内もよくわからないし、カレー屋さんだから女性的にも入れるか心配なところですが、こちらの記事を見ていただいたらわかるように、オシャレで絶対オススメです!

ぜひこの機会に一度、行ってみてください。わたしもお腹を空かせて絶対また行こう。

     

ADDRESS 富山県富山市荒町5-4寺島ビル1階
TEL 076-461-3933
OPEN 11:00-15:00
17:30-21:00
CLOSE 木曜日
Parking 近隣に有料パーキングあり

おすすめ記事
お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

【富山で副業】在宅で月収1〜2万円なら主婦でも簡単に稼げます

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る