パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠



【DOCG ディオチヂ】ロケーションも味も最高のイタリアン

DPP_4411

どうも、ライターのサンソンです。


突然ですが高岡市の伏木港近くの海辺にはロケーションが最高なイタリアンレストランがあります。

それが「DOCG」といって、ドルチェガッパーナみたいな名前なんですよね。ただ読み方としては「ディオチヂ」

今回はこちらのお店のイタリア料理があまりに素敵でおいしかったので紹介していきたいと思います。

食べログで予約

目次

1. DOCGとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. ピザとパスタ
    4.3. デザート
5. まとめ





1. DOCGとは

DPP_4423

DOCGは、海が見える最高のロケーションで頂く、洗練されたイタリアンレストランです。

ちなみにDOCGは、イタリアにおける食料品(主にワイン)に対する原産地認定のひとつで、デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ・エ・ガランティータの略だそうです。何それ。

どうやらイタリアの食材で「DOCG」って書いてあったらすごく品質が良いってことみたいで、つまり、このお店はすごいってことですね。




2. 場所

住所
富山県高岡市伏木国分2-4-1

電車の場合
JR氷見線越中国分駅より徒歩3分

車の場合
高岡ICより車で27分
無料の駐車場があります。






3. 営業時間

営業時間
11:30~15:00/17:30~22:00

休業日
月曜日、第3火曜
臨時休業もありますがホームページがないので、0766-44-2757にて電話で確認してください。




4. 行ってきた

DPP_4412

ということで、DOCGにやってきました。

店内はめちゃくちゃオシャレで、カッチリしたイタリアンという感じではないですね。

開放感があって、もはやイタリアンカフェのような清々しさです。


DPP_4419

木を基調とした店内で、イスもテーブルも木の優しい感じ。

そして壁などに散りばめられた素朴なデザインがイタリアの田舎町を連想させてくれます。




4.1. メニュー

DPP_4417

ではこちらにはどのようなメニューがあるのでしょうか?

本日のおすすめのピザやパスタ、メインディッシュなどが黒板に書かれています。


DPP_4422

ちなみにメニュー表はこんな感じ。

なぜかでっかい口の中に「税抜表記」と書かれている。なんて奇抜なんや。

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」って確かオランダ美術だったような・・・。




4.2. ランチ

DPP_4421

イタリア料理ということで、パスタとピッツァを注文しました。

こちらのパスタはフィットチーネのようなモチモチ感に、濃厚なのに繊細な味。

こりゃもう1皿平らげれるようにどんどんフォークが進んでいきました。


DPP_4420

続いて、ピッツァ(ピザじゃないよ。)

こちらもチーズが濃厚で最高!

チーズだけで他にトッピングはないシンプルなピザですが、絶妙なチーズの配合。生地は薄めのローマ風で万人ウケするおいしさでですね。

あとこれはわたしの予想ですけど、これってハイジに出てくるあのピザですね。

ただネットで調べてみましたが、そもそもハイジにピッツァなんて出てきませんでした。




4.3. デザート

DPP_4413

そして、最後はデザートです。

なんていうか、こういうのんびりする時間って素敵ですよね。

「なんでのんびりする時間が素敵なのか?」と聞かれれば、満面の笑みで首をかしげることしかできませんが、わたしにものんびりする時間が必要なのです。




5. まとめ

DPP_4418

ということで、このDOCGは西部地区の住人にとってはデートスポットにもなりますね。

また富山市だけでなく、金沢からも多くの人が来るそうです。

もう、景色も味も雰囲気もDOCG(原産地認定)ですね。ぜひみなさんも行ってみてください。

食べログで予約

ADDRESS 富山県高岡市伏木国分2丁目4−1
TEL 0766-44-2757
OPEN 11:30~15:00/17:30~22:00
CLOSE 月曜日


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る