パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠

手のひらに小鳥をのせる幼気な少女!? 第61回「銅像評論会」

どうも、編集長のサクラです。


このコーナーを定期的に見ている人(そんな人はきっと変態)がいるならば、「また」という言葉を使っておきましょう。

そう、松川べりです。

今回は、なんだか気取った女の人がいました。

なかなかあんな格好する人は、今の時代にいないなぁ。

近づいてみましょう。

今回は、残念ながら全裸ではありませんでした。

なにが残念だったのかわかりませんが。

よく見ると、何かを持っていますね。

鳥です。

鳥を手の上に乗せるなんて、ナウシカ以来ですね。

あと、服着てるのに、このおっぱいの輪郭すごいな。

さて、タイトルは・・・。

『春』

きっと、こんな格好をしだしたのも春のせいですね。

ということで、評価は・・・。

美しさ ☆☆☆
芸術度 ☆☆
タイトル ☆☆☆
小鳥乗せ度 ☆☆☆☆☆

最近、銅像の紹介が雑になってきたような・・・。

次回も乞うご期待!



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る