パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠

【コンマコーヒースタンド】土蔵づくりの町にあるカフェに行ってきた

雪国の皆さん、お疲れ様です。どーもライターのサンソンです。

突然ですが、富山の雪って場所によっては半端ないですよね。

雪掻きに疲れ果てたので、カフェで美味しいコーヒーを飲みながらボーッとしたい。全力でボーッとしたい。

そんな方におすすめである高岡市にある「COMMA, COFFEE STAND」について今回は紹介していきたいと思います。

目次


1. COMMA, COFFEE STAND
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. ランチ
    4.3. デザート
5. まとめ





COMMA, COFFEE STAND


画像引用 「COMMA, COFFEE STAND」より

COMMA, COFFEE STANDは、山町筋土蔵づくりの町にできた商家を改装したカフェです。

こちらのお店は明治39年に建てられ、パン屋さんが45年間営業していたという土蔵造りの町屋をリノベーションしてできました。

ランチは日替わりで3種類あり、たっぷりと使われている野菜は、新鮮な高岡産のものが中心。

器も高岡の作家のものを使っていたりと、随所に高岡らしさが感じられる。東京の人気店『NOZY COFFEE』のシングルオリジンコーヒーや、富山市の『GENICO』のジェラートを使った季節のパフェやドリンクもおすすめです。




2. 場所


画像引用 「まいぷれ高岡」より

場所は、高岡市重要伝統的建造物群保存地区の山町筋土蔵づくりの町にあります。

住所
高岡市小馬出町48-1

電車の場合
あいのかぜ富山鉄道高岡駅より徒歩10分
高岡駅前乗車~万葉線~坂下町下車より徒歩3分。

車の場合
高岡ICより車で11分
近くに提携駐車場有り






3. 営業時間

営業時間
10:00〜18:00

定休日
火曜日
臨時休業などもございますので、公式Facebookをご確認ください。




4. 行ってきた

ということで、COMMA, COFFEE STANDにやってきました。

見てください、こんな素敵な空間が広がるお洒落な店内となっています!

これは全力でボーッと出来そう。


冬なのに日差しも差し込んで、ほっこりとする暖かい空間。

さっそくランチを頼んでみましょう!




4.1. メニュー

本日のランチメニューはこのようになっていました。

日替わりランチ(サラダ付)は、1,080円ほどとなっています。

定番メニューはパヌッツォをはじめ、他にも季節の野菜などを使ったパスタ、リゾット、パンが日替わりになっています。

また必要に応じて、ランチ+ドリンクセット 1,360円、ランチ+デザート&ドリンクセット 1,480円がありました。




4.2. メニュー

私はナスとトマトのパスタを注文。




オシャレすぎる!


こんな3Dのパスタを見たのは初めてです。パスタ麺もモチモチしていて、美味しい!


こちらは、生ハムとお野菜のパタッツォサンド。

オシャレな人って固いパンと生ハム食べてるイメージがあります。

このパタッツォサンド、見た目もオシャレだけど味も美味しいズルい存在です。美女なのに性格も良くて人望もあるぐらいズルい。




4.3. デザート

そしてデザートには、コンマコーヒースタンドと言えばコレでしょ!って言うぐらい人気なコーヒーとシュークリームのセット。

シュークリームはオーダーを受けてからクリームを詰めてくれるのでシューの部分はサックサク。




5. まとめ

こんなに素敵な空間で、こんなにオシャレな食事をしてる自分ってイイね!と酔いしれるにはもってこいの場所です。

このカフェを出た後は心なしか自分のオシャレ度が上がったような気になりましたが、足元が長靴なのに気付いて一気に現実に引き戻されました。

そういえば私、雪かきの途中でした…。次は靴までオシャレして行こうと誓いました。

     

ADDRESS 富山県高岡市小馬出町48
TEL 070-5465-0993
OPEN 10:00〜18:00
CLOSE 火曜日
Parking あり


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る