ブリの漁獲量は全国15位!? なぜ富山でブリが名産品になったのか




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、富山の名産品である『寒ブリ』をご存知だろうか?

この寒ブリは冬季に漁獲され、その脂の乗りようと言ったらすんごいのです。

実際にわたしは寒ブリが大好きで、富山県のブリを食べてみたり、セリを見に行ったこともあります。
【富山の寒ブリ】時期と旬 おいしい理由は?歌やブリ小僧など雑学も

しかし、2016年のこちらのデータをご覧ください。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-0-56-53
画像引用 「地域の入れ物」より

富山県のブリの漁獲量はベスト3位にも入っていません。

それどころか、全国15位の漁獲量なのです。

そんな漁獲量が全国15位のブリが、なぜ富山県で有名なのか?

これは気になる…一体なんでなんだ!?




富山でブリが有名な理由

富山県でブリが有名かを知るためには、ブリの生態を知る必要があります。

まずブリは春の3月〜5月にかけて九州で産卵します。

そうして、生まれた稚魚はエサを求めて対馬海流にのり北海道へ。

夏と秋にエサをたらふく食べて成長したブリは、冬に産卵のために再び九州へ向かうことに。

しかし、下の図を見てください。


めちゃくちゃ富山湾に捕まります。



北海道から富山湾に一直線に突っ込みます。

そんな脂ののった状態で氷見にやって来てくれるので、そりゃむちゃくちゃ美味しいのです。

なぁに、この事件はブリが能登半島を超えられずに起きた、チョットした悲しい物語(エピソード)だったってことですよ・・・。


・・・以上、毛利小五郎でした。




まとめ

ということで、 富山県でブリが有名な理由は以下の通りです。

・産卵で九州へ向かうために脂を蓄えていたブリが、九州に行く前に富山湾で捕獲される。

富山の寒ブリについて詳しくまとめた記事もありますので、もっと寒ブリについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【富山の寒ブリ】時期と旬 おいしい理由は?歌やブリ小僧など雑学も

関連記事一覧