【Hedgehog ヘッジホッグ】ハリネズミが可愛いカフェに行ってきた




DPP_1762

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、紅茶でも飲んで優雅に休日を過ごしたいと思ったことはありませんか?

紅茶は、日本では英国の上流階級の慣習として認識され、格式張った社交の場というイメージが先行しているかと思います。

しかし、現代では幅広い人々に親しまれ、堅苦しい礼儀作法や会話などが不要で紅茶を楽しむことができます。

そんな小さな英国気分が味わえるカフェが小矢部市にあります。

今回はそんなカフェ「Hedgehog(ヘッジホッグ)」に行ってきましたので紹介いたします。

目次

1. ヘッジホッグとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. アフタヌーンティーセット
    4.3. ステンドガラスも販売
5. まとめ





1. ヘッジホッグとは


画像引用 「Hedgehog」より

Hedgehog ヘッジホッグは、富山県小矢部市にあるセレクト雑貨とステンドグラス店併設のイギリス風ティーハウスです。

英国の田舎のカフェを思わせるノスタルジックな店内でゆっくりと午後のひとときを楽しむことができます。

アフタヌーンティーセットから手軽なスイーツメニュー、英国の家庭料理や軽食メニューなどもいろいろ楽しめます。




2. 場所

住所
富山県小矢部市下中137-4

車の場合
小矢部東ICより車で2分






3. 営業時間

営業日
土・日・祝

営業時間
11:30〜17:30(17時 Last order)

休業日
平日
臨時休業もありますので、詳しくは公式Facebokをご確認ください。




4. 行ってきた

DPP_1752

ということで、ヘッジホッグ車でやってきました。

ここまでの道のりは、GoogleMapsを頼りにしてきましたが、田んぼ、民家、田んぼ、民家というオセロみたいな光景で不安になりました。

ただこうして急にオシャレなお店が現れたので、みなさんも安心して行ってください。


DPP_1754

店内はこんな感じで、温かい空気と紅茶の香りが漂っていました!

こんな優雅な空間がひろがっているとは。

店内のあちこちにステンドグラスが装飾されていて、それがまた美しいです。


DPP_1755

不慣れなマダム空間に戸惑いながらも、椅子に座ってみました。

この椅子もどこか西洋の雰囲気で、なんだかドキドキします。




4.1. メニュー

DPP_1758

メニューもこんな感じでオシャレですね。

ヘッジホッグさん一押しはアフタヌーンティーセット(ポットティー付き)で、1名様分2400円です。




マダムな値段です。


それ以外のメニューは、スコーンやトーストサンドなどがあります。

しかしヘッジホッグさんが一押ししてくれているので、もうアフタヌーンティーセット以外頼むことはできないのです。




4.2. アフタヌーンティーセット

DPP_1757

そしてやってきたのがこちら。

まさにマダムの集大成のようなメニューです。

アダムと言えばイヴ。マダムと言えばこのアフタヌーンティーセットなんです!

DPP_1767

アフタヌーンティーセットには、サンドウィッチ、スコーン、数種類のケーキ、フルーツがのっていました。

またポットティーの紅茶は4種類の中から選ぶことができます。

そして、このスコーン・・・めちゃめちゃおいしいんです!

ここのスコーンは温かくてしっとりさっくりで上品な味です。


DPP_1760

正直、アフタヌーンティーセットを1人で食べるのは違うんじゃないかと思っていたのですが、1人でここに来てしまったのでしょうがありません。

サンドウィッチとスコーンを食した後に、4種類のケーキを食べる自信はなかったのですが、意外といけてしまいましたね。

やっぱり紅茶とパンって最高の組み合わせだと思います。


DPP_1764

4種類のケーキもさっぱりめの食べやすいものがかったです。

アフタヌーンティーセットを完全制覇したということは、私もれっきとしたマダムになれたと言う事ですね。

温かい紅茶で身体の芯から暖まりました。




4.3. ステンドガラスも販売

DPP_1765

店内に流れる落ち着いた雰囲気の音楽の中、アールグレイティーを優雅に飲んでいる。

ヘッジホッグではステンドグラスも売っていて、ぼんやり眺めていました。

するととんでもない値段がこちら。

DPP_1766


これを買うことができないということは、やっぱりわたしはまだマダムにはなりきれていないということです。

このステンドガラスは、花木清さんという方の作品でした。

もちろん、マダム未満なわたしにも手が届くリーズナブルな雑貨も販売しております。何から何までハイセンスです。




5. まとめ

DPP_1761

ということで、こちらのヘッジホッグは紅茶をおいしくいただける小さな英国のような場所でした。

ちなみにヘッジホッグは英語でハリネズミといういみです。

店内には至る所に、キュートなヘッジホッグ(ハリネズミ)が飾ってありました

皆さんも是非来店された際には隠れヘッジホッグを探してみてください。

ADDRESS 富山市小矢部市下中137ー4
ホームページ ヘッジホッグ
OPEN 土・日・祝
11:30〜17:30
CLOSE 平日

関連記事一覧