【鮎芳】道の駅細入にある出店がすごい!絶品の子持ちアユは最高




どうも、編集長のサクラです。


突然ですが、みなさんは道の駅を利用したことがあるでしょうか?

電車の駅ではなく、車の駅がたくさんあるという田舎あるあるですが、これもモータリゼーションの産物でしょうか。

初めて道の駅を見たときは、「はっ?なにこの冗談みたいな駅は?」と思いました。

富山にいる今となっては、電車の駅の方がふざけてますね。

ということで今回はそんな道の駅で出会ったおいしい食べ物を紹介したいと思います。


目次


1. 道の駅 細入
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. 出店
    4.2. 子持ち鮎
5. まとめ


1. 道の駅 細入

道の駅 細入は、道路情報や観光・イベントの紹介など飛越の最新情報がわかるスポットです。

しかし、ごへい餅や鮎の塩焼きなど、ご当地グルメも充実!

ここでしか味わえない「とち蜜ソフトクリーム」は見逃せません。

また裏手にはアスレチック・アストロゲレンデなどの遊び場があり、国道41号線沿いの好位置として、ぜひ立ち寄りたいスポットです。




2. 場所

住所
富山県富山市片掛3-5

電車の場合
地鉄バス片掛バス停下車徒歩1分

車の場合
北陸自動車道富山ICから車で約30分






3. 営業時間

営業時間
10:00~18:00

定休日
年末年始のみ




4. 行ってきた

ということで「道の駅 細入」にやってきました。

なんとなく、細いモノが入ってきたなぁーってネーミングですね。

駅の中はこんな感じで、電車の駅といったら基本的にキオスクばっかりで無機質ですよね。

でも道の駅はすごく活気があります。




4.1. 出店

ここは富山県と岐阜の県境ということで、飛騨名物を発見!

岐阜の人たちは、どうやら団子を主食としているみたいです。

あと醤油とか味噌とか、茶色が似合います、別にバカにしているわけではありませんよ。


しかも、このみたらし団子は、1本70円という安さ!

どう考えても、3本は食べちゃうでしょ。




4.2. 子持ち鮎

ただ今日は、みたらし団子を食べに来たわけではないのです。

そう、鮎が最高に美味い「鮎芳」にやってきたのです。

「鮎なんてどこで食べても同じでしょ!」という声が聞こえてきますが、まぁ待ってください。

実はここの鮎は、ちょっと変わった鮎なのです。


まず、この綺麗に並ばれて焼かれている鮎たちを見てください。

焼いて間もないのか、まだピチピチの状態で串刺しになっています。

そして、もう焼かれることを覚悟したのか、まさに死んだ魚のような目をしています。

もう、この串刺しにされてる姿だけで最高です。

鮎の塩焼きの良いところは、串刺しにされているところですね。

そんで、一体なにが変わった鮎なのかというと。


そう、子持ち鮎なのです!


さて、焼きあがった鮎(600円)をいただきましょう。

なんかわかりませんが、下あごがとんでもなく「てやんでぃ!」しています。

焼かれてもなおこの顔です。

子を守る親の顔でしょうか。


そして、そのお腹がこちら。

いや、めちゃめちゃ子だくさんのお母さんだったのね。

もう、何つ子よ。

ちょっと淡白ですが、美味しいですね。

例えるなら、子持ちシシャモのあの卵の味です。




5. まとめ

ちなみに、この鮎芳のメニューは、ビールと鮎、以上!

ぜひ鮎が大好きな人は、絶対に来た方がいいですね。

絶品のアユを食べに、道の駅に来てみてください。

ADDRESS 富山県富山市片掛1383
TEL 076-485-2180
OPEN 10:00~18:00
CLOSE なし

関連記事一覧