【koffe コッフェ】シンプルで味わい深い魔法のコーヒーを飲んできた




どうも、編集長のサクラです。


突然ですが、コーヒーには不思議な力があります。

いきなりすぎて、わたしがアホになったと思っている方もいるかもしれませんが、実はコーヒーには魔法の力があると私は思っている。

それは・・・コーヒーを飲んでいるだけで、「アレ?私ちょっと、カッコよくね?」と思う魔法の力である!

ということで、今回はそんな魔法がかけられるコーヒー専門店『koffe』について紹介したいと思います。

目次


1. コッフェとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. おいしいコーヒー
    4.3. 店内からの景色
5. まとめ


1. コッフェとは


画像引用 「コッフェ」より

コッフェは富山市にあるスペシャリティーコーヒーの焙煎店です。

松川沿いに店舗があることから、春には桜の木々が美しいだけでなく、四季折々に風景を楽しむことが出来ます。

コーヒーを楽しむ場として、パソコンやデスクワーク、お打合せ等でのご利用はご遠慮しています。

あくまでシンプルにコーヒーと向き合うための場所となっています。




2. 場所

住所
富山県富山市舟橋南町10-3

電車の場合
富山地方鉄道安野屋駅より徒歩4分

車の場合
富山ICより車で13分
少し離れたところに5〜6台ほどの無料専用駐車場があります。






3. 営業時間

営業時間
平日12:00-19:00 土日祝10:00-19:00 
※喫茶は18:00まで、L.O.17:30

定休日
木曜日




4. 行ってきた

ということで、コッフェにやってきました。

なんだか意識高い系のコーヒー店ですね。

ただ、コーヒーって苦いじゃないですか?

つまり、苦いコーヒーを飲む = 大人の階段登る = 君はまだシンデレラさ

という生まれたてのチワワでもわかる方程式が完成するのです。

例えば、コーヒーではなく、プーアル茶なんか飲んでいたなら絶対、「私カッコいい!」なんて思いませんし、なんだよ、そのバカにしたネーミングは!


そして、店内に入ってみました。

かなり小さめのお店で、1階と2階にもスペースがあるのですが、2階は企画展などが行なわれていることがあります。

店内のテーブルも3、4個で、この木の感じがまた大人ですね。




4.1. メニュー

メニューはと言うと、もうコーヒーだけです。

紅茶などの浮気は一切せず、自社のコーヒーと焼き菓子のみしかメニューがありません。

そして、種類も数個です。

これは、ますます「コーヒー飲む私カッコいい」ですね。




4.2. おいしいコーヒー

そうして、わたしは「青空」というさわやかな名前のコーヒーを注文しました。

やっぱり、わたしってさわやかじゃないですか?

なんていいますか、メニュー見た瞬間、こいつと気が合いました。

わたしがコーヒーを選んだのではなくて、コーヒーがわたしを選んだんです。

コーヒーなのに苦味が少なく、さわやかな味わいで、まさにわたしのようでした。


アイスコーヒーも、そこらへんで飲める味ではなく、しっかりしていました。

この苦みがボディーに効きますね。

ミルクも砂糖もたくさんあるので、コーヒーが苦手な人は、ミルクと砂糖を多めに入れましょう。

コーヒー通としては、ブラックと言われていますが、わたしなんかはブラック→ミルクのみ→砂糖のみ→砂→・・・と3周くらいまわってミルクと砂糖を入れています。




4.3. 店内からの景色

そうして、窓から見た景色もいい感じなんです。

術品も飾られていて、大人なカフェで、えっ?




なんで全裸やねん。


あまりに気になり過ぎて、ちょっと近づいて見に行ってきました。

遠くから見ても全裸だったのに、近くで見ても全裸でした。

しかも、この堂々たる風貌。

先ほどコーヒーを飲んでいるだけで、自分がカッコよく思えると言いましたが、彼女もまた、「全裸の私、カッコよくね?」という、魔法にかかっているのかもしれません。

まぁ、気持ちはわからんでもありません。




5. まとめ

ということで、コーヒーと焼き菓子だけでなく、窓から全裸の銅像も見えるカフェ。

ここでコーヒーを飲めば、カッコよくなりモテること間違いなしです!

ただ、なぜわたしが死ぬほどモテないのかは未だに謎ですね。むしろ死んでないのが奇跡です。

富山県には他にもたくさんのオシャレなカフェがありますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。

ADDRESS 富山県富山市舟橋南町10-3
ホームページ コッフェ
OPEN 上記参照
CLOSE 木曜日

関連記事一覧