パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠

【moohno モーノ】アップルピザがおいしい!カフェ&雑貨のお店

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、富山市のニトリの横に超可愛いカフェがあることをご存知でしょうか?

それが「cafe&zakka moohno(モーノ)」

小さくて可愛いこちらのお店は、カフェだけでなく雑貨も扱っています。

ということで、今回はこちらのインスタ映えもしそうなカフェについて紹介していきます。

目次


1. moohnoとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. デザート
    4.3. ドリンク
5. まとめ





1. moohnoとは


画像引用 「moohno」より

moohnoは、富山市にあるこじんまりした可愛らしいカフェです。

毎日の食卓やデスクワークなどを楽しくしてくれるナチュラルな雑貨も販売しており、店内には季節ごとに合わせたアイテムがセンス良くディスプレイされています。

またカフェ空間に置かれるさまざまなデザイナーズチェアはかなりオシャレ!

美味しいスイーツピザや温かいドリンクなどを前に、ゆっくりほっこりとした時間を大好きな雑貨たちとともに過ごすことができます。




2. 場所

住所
富山市秋吉154-9

車の場合
富山ICより車で14分
8台分の駐車場があります。






3. 営業時間

営業時間
11:00〜19:00

定休日
無休-今のところずっと営業してます。




4. 行ってきた

ということで、cafe&zakka moohnoにやってきました。

外観は最初の写真に出てきたもので、小さいところですね。

それで店内に入ってみると、雑貨がメインなのかカフェがメインなのかはわかりませんが、とにかくオシャレ!


そして先に進むと、カフェスペースがありました。

すごいオシャレな場所で、お客さんもオシャレさんばかり。

近くにニトリというリーズナブルな家具チェーン店があるのに、ここモーノに来る人は服装もオシャレでニトリユーザーのわたしとしてはアウェイですね。




4.1. メニュー

メニュー表もこのようなデザインとなっており、ドリンクとデザート系がメインという感じですね。

特にアップルピザという、ランチなのかデザートなのかわからないメニューが大人気だといいます。

これは気になる・・・ちなみにランチタイムは11:30~14:30にやっています。


DPP_3585

本来ならランチメニューを頼みたいところなのですが、ランチとアップルピザの2つを頼めば、お腹がヤバいことになります。

そのため今回は、ランチではなくアップルピザに人生をかけようと思います。

そもそもリンゴのピザなんて、聞いたことありませんが、サラミの代わりにリンゴがのったピザということなのだろうか?

そして、チーズとケチャップのパーティナイト!




4.2. デザート

そして、やってきたのがこいつ。


あー。




こういう感じね。


ピザーラとかにあるアレじゃなくてオシャレで甘いやつね。

リンゴの甘みと生地がモッチャでめっちゃウマい、これや絶対みんな食べてみてほしい。




4.3. ドリンク

続いて、普通にドリンクも頼んでみたのですが、二層に分かれているカフェオレも初めて見たよ。

なんで二層なんだろうと思いながらストローで吸いこんだら、めっちゃ牛乳でした。

はい、混ぜるヤツですね。ほんとオシャレなお店ってコワイです。




5. まとめ

ということでこちらのお店は、こじんまりしていて可愛いカフェでした。

雑貨もシンプル&ナチュラルを中心としたキッチン用品や食器、文具などがあって楽しかったです。

また「家」のカタチがモチーフの「建ち物シリーズ」や観葉植物と組み合わせた「little world」などオリジナル商品の販売もしています。

イベントも毎週何かしら開催されているようなので、ぜひ気になる方はチェックしてみてください!

ADDRESS 富山県富山市秋吉135-1
TEL 076-413-5003
OPEN 11:00~20:00
CLOSE お問い合わせください。


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る