【宮野運動公園】ももクロもやってくる!? 桜まつりに行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、春の天気がいい日にはどこに行きたいですか?

富山といえば1週間の内、7日間は曇か雨という気候だというのにこんな晴れた日にはピクニックですよね。

逆にこんな天気がいいと、来週は1週間の内、8日間は雨か雪が降るでしょう。

ということで、今回は黒部市の宮野運動公園の桜まつりに行ってきましたので紹介します。

ちなみに富山県の桜の名所をまとめて記事もありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山】桜の名所・お花見スポットをまとめてみた
【富山の夜桜】ライトアップ桜の美しいスポットまとめ

目次


1. 宮野運動公園
2. 場所
3. 開花時期
4. 行ってきた
5. まとめ





1. 宮野運動公園

宮野運動公園は、黒部市の山合いにある総合運動公園です。

陸上競技場・野球場・庭球場・多目的グランド・相撲場等の各種スポーツ施設や野外ステージ、芝生広場、児童広場などがあります。

春には桜祭りも開催され、800本のさくらの名所としても知られています。

また、2019年の4月20、21日に富山・黒部市宮野運動公園で春の恒例ライブイベント「ももクロ春の一大事2019」が開催されることでも話題となっています。
【ももクロ 春の一大事】2019年は黒部で開催決定!詳細まとめ




2. 場所

住所
富山県黒部市宮野44

電車の場合
富山地方鉄道舌山駅から徒歩20分 

車の場合
北陸自動車道黒部ICから車で15分






3. 開催期間

2019年の開花期間はまだわかりませんので、わかりましたら更新いたします。




4. 行ってきた

ということで、黒部市にある宮野運動公園にやってきました。

この公園では桜が有名らしく、桜まつりりというものもやっています。

ただ入口で出くわしたのが、こちらの「イノシシ出没注意」です。

よくクマ出没の看板は見たことがあるのですが、イノシシとは富山ならではなのでしょうか。


そして、もうひとつ何か見つけました。

四つのテスト。

・・・これに関してはマジでよくわかりません。

なんかすごい宗教チックな感じですが、大丈夫ですかね。


公園を上に登っていくと、満開の桜並木がありました。

これは、なかなか良い景色です。

そもそも富山では、晴天ってだけで、奇跡の風景でもありますし。

なんか暇だったので、「道に散っている桜の花びらの上から足を踏み外したら死亡」というゲームを1人でしながら歩きました。


また公園には、ものすごい長いすべり台がありました。

このように子どもも遊べるようになっているのがこちらの公園です。

ももクロのライブだけではないんですね。


あとトイレに行こうとしたらものすごいものを見つけてしまいました。




めちゃめちゃマッチョやん。


つまり、ガリガリの男性ならこのトイレに入れません。

てか、こんな上半身だけマッチョな人いないやろ。松本人志かよ。


続いて、公園には謎の動物の像がたくさんありました。

パンダとか馬とか象とかいるのですが、背中の哀愁が半端ないです。

動物たちも「なんで俺達、こんなところに作られたんだろう・・・。」と思っているに違いありません。

あと、象の像って。


さらに公園を登っていくと、無尽燈という建物がありました。

まさかこんなところに無人島があるとは。

無人島で老人がランチしています。


ちなみに無尽燈は、それはそれは神々しい建物でした。

ここはタイかどっかですかね。

ネットで調べたら、仏教的な何からしいです。




5. まとめ

ということで、最初は桜を鑑賞していたのですが、どんどんよくわからないモニュメント探しの散歩になってしまいました。

それくらい面白いものがたくさんあるのが宮野運動公園ですね。

ぜひ桜の季節に行ってみてください。

ちなみに富山県の桜の名所をまとめて記事もありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【富山】桜の名所・お花見スポットをまとめてみた
【富山の夜桜】ライトアップ桜の美しいスポットまとめ



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA

SAKURA創刊編集長

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
取材などでたまに顔出ししています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る