パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【まとめ】富山県のご当地レトルトカレー食べて評価してみた

どうも、富山県ご当地レトルトカレー評論家ののサクラです。


突然ですが富山県には様々なご当地レトルトカレーがあります。

これは国民食カレーライスを使った「街おこし」が全国で展開されており、地域の食ブランドを新たに作り出そうと考えた時、カレーは極めて魅力的な食材、またカレーは嫌いという人が少ないグルメで、メニュー化も容易、レトルト化することも簡単にできるため、日持ちする地域の土産物として売り出されているのです。

そんなご当地レトルトカレーですが、果たして本当に美味しいのか?

ということで、本日は富山県にあるご当地カレーを実際に食べてみて、できるかぎり全部紹介していきたいと思います。

半分くらいは微妙な味でしがた、アドバイスを言うとすれば広貫堂のカレーは間違いありません。

スポンサードリンク

氷見牛カレー


富山柿里というレストランで作られているカレーで、なんとお値段756円でした。

レトルトカレーにしては、めちゃくちゃ高いな。

パックを触ってみるとかなり具沢山で、これは高い金を出しただけあって期待できます。


氷見牛でかっ!こりゃすごい、香りも濃厚です。

そのお味は・・・うんまっ。

なにこれ、めちゃくちゃ美味い。すんごい味が濃くて、もはやレトルトの粋を超えてしまった。

これは、みんなに絶対食べてほしい!これが氷見牛なのかは、私の舌ではわかりませんでしたが、もうやわらかくてとろけちゃいました。そこらへんのレトルトカレーとは別格。
もはやレトルトの粋を超えている「氷見牛カレー」


富山ブラックカレー


突然ですが、みなさんは富山ブラックラーメンをご存知だろうか?

あの言わずと知れた、塩辛い黒いラーメンですがこれをカレーに!

どう頑張っても美味そうだな。パッケージの裏に書かれている黒の力とか、完全に幽遊白書の飛影みたいだな。

邪王炎殺黒龍波とか、めっちゃマネしたし。


メイン具材は豚肉と黒豆。具はごろごろしているわけではなく、ルー自体の引き立て役。

そのお味は・・・あっ、美味い。

てか全然、富山ブラックラーメンと味が違って、本格的なカレーの味がします。

もっと塩辛いのを予想していたのですが、いい意味で裏切られました。ワインの甘みがより一層カレーの味を面白くしてくれている。ほんとネーミングだけ富山ブラックをいただいたようですね。
33種のスパイスと漢方の入った廣貫堂 富山ブラックカレーを食べてみた


しろえびカレー


カレーとは思えない真っ白なパッケージ。

そして、この文字・・・美味そうですね。

中身を確認したところ、揚げしろえびが入っているみたい。あとはよくわからんけど、めっちゃ煮込まれているようだ。


かなりドロドロで、具はあまりありません。レトルトにありがちなパターンですね。

味はというと、エビの味がする!

しかし、全然クドくなくてあっさりしています。そして、しろえびを発見!合計2匹のしろえびが隠れていました。もはや白い痕跡は跡形もなくなっています。味はあの白エビの揚げたタイプのやつですね。

ちなみに、白いご飯の上にのせると、しろえびの身投げのようでおすすめです
富山湾の宝石!しろえびカレーを食べてみた


やくぜんカレー


廣貫堂は富山を代表する製薬会社で、実際に廣貫堂資料館も行ったことがあります。
富山を代表する製薬会社「広貫堂資料館」に行ってきた

そういう会社もあって、このやくぜんカレーも27種のスパイスと6種の和漢素材がブレンドされている言わば健康食品。

美味しく健康にもいいなんて、こりゃ食べないわけがない。

中身は9割くらいわからず、なんかドラクエで覚える呪文の数々みたいですね。

そう考えるとこのカレーはベテランの魔法使い、いや、回復系なので賢者といえるでしょう。


さて、味はというと・・・相変わらずハズレない美味しさ!

一口目は野菜の甘みと謎のスパイスの薫り、二口目からは深いコクとスパイスの辛味を感じられ、これぞ大人のこだわりカレー!

牛肉もなんだか健康に良さそう(プラシーボ効果)。

ぜひみなさんも一度食べてみてください。
27種のスパイスと6種の和漢素材!? 廣貫堂やくぜんカレー


南砺うまい干柿カレー


干柿を使ったカレーなんてマジで南砺市にしかない。

カレーのトッピングに干しブドウがついているものがあることから、干柿の甘さもカレーに合うのでは?と思い試作したところ今回のカレーが出来たよう。

これは楽しみです!ほんとに美味しいのかよ。


・・・ん?

全然、柿の味がしない。

想像以上に普通のカレーです。どれが干柿なのかもわからなかったし、たぶんドロドロにとけ込んでいるのだろう。

これが干柿!・・・と思いきやでっかい里芋でした。

ということで、想像を裏切られたカタチで干し柿の味はしませんでした。

しいて言えば、この後に引く甘みが干柿なのかもしれない。
柿が入ったカレーだと!? 南砺うまい干柿カレーを食べてみた


白えび・ほたるいかカレー


パッケージの裏を見ると、どうやら白えびが5匹、ホタルイカが2匹も入っている豪華なカレーだな。

あと、はとむぎパウダーとか氷見産のものを無理矢理入れたような印象。癒着を感じる。あと玉ねぎも癒着を感じる。富山のお土産として、富山県産の食材にこだわっているのが特徴です。

さらに、お米のお供ではなくアツアツのカレーうどんがオススメ!というではないか。

これは新しい、今までのカレーはそんなこと書いてなかったし、うどんの方が美味しいということなのだろう。魚貝とうどんは相性良いのかな、知らんけど。


とりあえず、うどんにカレーをぶち込んでみましたが、めっちゃ臭い。

やっぱりね、これがホタルイカなんです。知らない人が多いかと思いますが、ホタルイカは臭いんじゃぁ〜、クセがすごいんじゃぁ〜。

中には白えびがおり食べてみると・・・カレーだな。食感は殻付きのえびですが味はカレーに支配されています。

続いて、ホタルイカ。なんて毒々しい体つきなんだ、カレーが付いて艶めいています。

そのお味は・・・臭い。

おぉ、なんかの内蔵食べてるみたいな味だな。実際にイカをまるごと食べるんだから内蔵あるんだけど。これは好き嫌い分かれるぞ。

まとめとしては、白えびは味しない、ホタルイカは臭い、結果として臭いカレーでした。

ただ、こいうのが好きな人っているからね。ホルモン好きとかレバー好きとか、そんな人にはオススメです。
とにかく臭い!白えび・ほたるいかカレーを食べてみた


城端ふるさとポークカレー


南砺市と言えば、世界遺産の五箇山なのですが、全然カレーのイメージがないですね。

パッケージは、めちゃくちゃ世界遺産の五箇山で釣っています。

言い方を変えれば、世界遺産のカレー。

世界遺産のカレーと言われると、もうこれは買う以外の選択肢がなくなるわけです。

しかも、赤ワイン仕込み!ワインは南砺の名産品なのか・・・?まぁいっか!


味はというと・・・あっ、濃厚だ。

めちゃくちゃ濃厚でドロドロってわけではないんですが、赤ワインが入っているためカレーにコクが生まれています。

少し辛みもあって、大人向けのカレーですね。

食べていて、城端?世界遺産?という単語が脳裏に浮かびましたが、そんな言葉は忘却しました。

普通のレトルトカレーとしては美味しいですが、わざわざ富山県民が買って食べなくても良いレベルかな。
赤ワイン仕込み!城端ふるさとポークカレーを食べてみた


氷見和牛カレー


見ての通り、めちゃくちゃパッケージがダサくて中央に寒ブリで有名な氷見と書いてありますが、ブリはまるっきり使われておりません。なんなんだよ。

裏面を見ると、氷見の黒毛和牛を使用しているとのこと。あとは、富山湾の海洋深層水、砺波市のタマネギ、氷見のハトムギパウダーだ。

富山県産の食材にこだわっているのはわかった・・・ただ、デザインが、その・・・ねぇ。アレです。ダサいです。


これは意外と美味しい!

いや、正直この手のレトルトカレーってお土産用でコストを押さえて、あんまり美味しくないイメージだったんですが、こちらの氷見和牛カレーは味について言えば普通に美味い。

牛肉もこんな感じで入っているので、食感も楽しめます。

まぁ富山県民がわざわざ買う必要はないかなって感じですけど。

もっと安くて美味しいカレーなんてスーパーに沢山ありますからね。
寒ブリで有名な富山郷土 氷見和牛カレーを食べてみた


黒部名水カレー


文字が多くてあれですが、とにかくいろんなものを黒部の水でじっくり煮込んだカレーだという。

実は黒部の水は、立山連峰の雪解け水でありミネラル豊富で柔らかいらしい。

食べ方はいつもどおり、アルミパックを温めるだけ。

どうでもいいけど、ウシの絵がいちいち気になる。食われるくせにドヤ顔してくる。


封を開けてわかったのですが、かなり水っぽくスープカレーみたいです。

水でコストを削減したのか、逆に黒部の名水をふんだんに使用したということでしょう。

うん、そういうことにしよう。野菜はじっくり煮込みまくってか、細かくありました。

味はというと・・・。んーーー普通。

レトルトといえば、レトルトのカレーの味がします。

ビーフは富山県産の牛肉を使用している。味というよりか、黒部の名水が多くて、こんなもんなのかなぁって感じです。スープカレー好きな人にはいいかもしれませんね!
黒部の伏流水にこだわった「黒部名水カレー」

ということで、半分くらいは微妙な味でした。

あと、やっぱりカレー屋さんのカレーが1番美味しいと言うこと。
富山のカレー屋さん

ちなみに、まだまだ現在進行中でレビューしていきます。

・宇奈月ビールカレー
・上市町特産里芋と穴の谷の霊水入り薬膳カレー
などなど

まだこんなご当地レトルトカレーがある!って情報があればお願いします。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »