「寿司」がおいしいと思う都道府県ランキング調査で富山県が1位に!




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは寿司が好きですか?

日本を代表する食べ物となっていますが、今回「ねとらぼ」が「寿司がおいしいと思う都道府県はどこ?」というアンケートを実施しました。

その結果、総数7871票からダントツで富山県が1位となりました。






ランキング

第3位:北海道
得票数は870票、得票率は11.1%となっています。

日本海、オホーツク海、太平洋に囲まれた北海道は、イクラなどの魚卵やホタテなどの貝、名産であるサケなど、豊富な種類の水産物が獲れます。すべてが新鮮で美味しく、ネタが大きいことも特徴。


第2位:石川県
得票数は1128票、得票率は14.3%となっています。

対馬海流とリマン海流が交わる好漁場を擁する石川県。石川で水揚げされたズワイガニのオスを加能ガニ、メスを香箱(甲箱)ガニといい、香箱ガニの卵と身を乗せた豪華な軍艦巻きもあるとか。コメント欄では、金沢市に名店が多いという声がありました。

第1位:富山県
得票数は1689票、得票率は21.5%となっています。

「天然の生簀(いけす)」と呼ばれる富山湾に集まる、宝石のようなシロエビや、鮮度抜群のホタルイカ。ノドグロ、サクラマス、本マグロなども格別の味わいで、名物の鱒寿司も忘れてはいけません。「富山は回転寿司もおいしい」というコメントが多数ありました。




まとめ

ちなみに2016年の週刊ダイヤモンドでは、「魚の県といえば」の1位に北海道を抜いて富山県が1位となりました。

これは一体どういう理由なのかと言えば、やっぱり魚がおいしいってこともあるのですが富山湾に秘密があります。

日本近海に生息する魚は全部で約3,400種ですが、富山湾だけでも約600種もの魚いて、天然のいけすとも呼ばれています。

他にも立山連峰の森の成分と酸素がダイレクトに流れ込んでくるなどの理由があって、ぜひ富山に来た際は魚を食べてみてくださいね!

関連記事一覧