ジップラインアドベンチャー夏シーズンの営業終了へ 経営難のため





画像引用 「ジップラインアドベンチャー立山」より

立山山麓スキー場で毎年開催されていたジップラインアドベンチャーですが、このたび夏のシーズンの営業を今年から行わない方針であることがわかりました。

ジップラインアドベンチャーは、立山山麓スキー場を運営している第三セクターの「大山観光開発」が行なっていました。

しかし、負債総額はおよそ4億4000万円にもなっており、それはすごいな。




ジップラインアドベンチャー

ジップラインアドベンチャーといえば、空中に張られたワイヤーを使用して、立山の絶景を楽しめるアトラクションです。

全長はなんと923mで、体験場所が標高1188mということで、多くの観光客が訪れていました。






今後はどうなる?

また、冬のスキー場リフト運行についても、極楽坂エリアにある1つとらいちょうバレーエリアにある1つを段階的に廃止していくとのこと。

スキー離れが続いている中、厳しい選択と言えます。

確かにAmazonPrimeがあれば映画やドラマなどで十分楽しめるし、趣味の多様性のため集客はどんどん難しくなっています。

今年は暖冬だったので、スキー場もなかなか辛いですね。

【関連記事】
【Amazonプライム】メリットがヤバすぎ!優しく解説してみた2

関連記事一覧