【10選】富山に住んでいて買って良かった生活用品




どうも、サクラです。


突然ですがみなさんは家具や家電にこだわりを持っているでしょうか?

私自身はこだわりはあまりないのですが、本当に便利だと思ったものを長く使うスタイルです。

数年前だとミニマリストってカッコいい呼び方がありましたが、あまり物欲はない方だと思います。

そんな奴が何を紹介するねんって話ですけど、だからこそ、自分が使っている生活用品って本当に必要なもの、もしくは生活を豊かにするモノだと思ってます。

あとは日々の生活で無駄な時間を減らそうとしていて、24時間ってみんな平等です。

そのため少しでも自分の好きなことに時間を使おうと思って買ったアイテムなんです。

また富山県以外にもいろいろと住んでいたことがあるのですが、実際に私が富山に来てから購入してよかったモノを紹介していきたいと思います。

正直、今回紹介するモノは、富山県だからという縛りはあまりなくて、全般に当てはまります。

そのため、県外の人も気軽に参考にしていただけたらと思いますし、特にこれから新生活を迎えようとしている人に見てほしいです。

目次


1. 珪藻土バスマット
2. ドラム式乾燥機付き洗濯機
3. ユニクロの靴下と下着
4. スティック型掃除機
5. 電気ケトル
6. セラミックファンヒーター
7. スノーブーツ
8. カード入れ付きスマホケース
9. カメラ
10. Amazon Prime


1. 珪藻土バスマット

これはもう数年前に珪藻土バスマットが販売されたタイミングで買ったんですけど、めちゃくちゃ便利です。

今までは布のバスマットを使っていて、時間が経ったら生乾きのような臭いがしていました。

この原因はカビになるんですけど、布のバスマットを使っていたらどうしてもカビが生えてしまいます。

そもそも珪藻土マットがどういうものか知らない人に説明すると、水を吸ってくれるのにサラサラとしていること土の板です。

何が布のバスマットと違うかというと、すぐに水を吸ってくれて、すぐに乾くのでビチャビチャになりません。

そして、臭いがないのも特徴で、先ほど言ったようにすぐに乾燥するため、カビやダニが繁殖しにくいんです。

あとは少し水を吸わなくなったり、汚れてしまったと思ったら、ヤスリで削るだけです。洗濯をしなくていいんです。

珪藻土バスマットは、いろんなメーカーで販売されていて、大体1000円から2000円で感覚として1年くらい使うことができます。

正直、値段が安いのでいちいちヤスリで削らなくても、吸水性が落ちたと思ったら買い換えていいと思います。





2. ドラム式乾燥機付き洗濯機

もうこれは最強の家電ですね。

私はここ10年で1番購入してよかった生活用品で、1人暮らしの人から大家族まで誰でも共感できるかと思います。

おそらく今までの洗濯機って、入れて、取り出して、伸ばして、干して、また取り込んでいたかと思います。

この干して畳む時間が人生で1番無駄なんじゃないですかね(言い過ぎ)

しかしこのドラム式乾燥機付き洗濯機ですと、夜にボタンを押せば、朝にはもう着れる状態になっています。

最近だと洗剤を入れっぱなしで、その都度入れなくても良い製品が出てますし、いろんな素材の服が洗濯できる仕様になっています。

ホテルではドラム式乾燥機付き洗濯機の一択ですし、これほど効率の良い製品はありません。

また富山県は特に天気が悪いので、外になかなか干すことができず、サンルームのある家庭が多いです。

正直に話しますと、サンルームというものを富山県に来て初めて知りました。

それくらい天気がよくない富山県なので、乾燥機付きというのは重要です。

ただ正直、ドラム式乾燥機付き洗濯機は、安くても15万円くらいするのでめちゃくちゃ高いです。

なんですけど、富山県民ってお金持っている人多いじゃないですか。

もう家や車を買うくらいなら、洗濯機を買った方が人生を豊かにしてくれます。





3. ユニクロの靴下と下着

アパレル好きにとったら反対意見が多いと思いますが、特にこだわりがない場合はこれ一択です。

そもそも服を選ぶ時間って無駄じゃないですかね。

特にデートとか営業なら違いますけど、普段のサラリーマンとしてデスクで働いているなら、あんまりこだわりは必要ないのかと思います。

それでなんでこの2つなのかというと、まずは靴下ですが、10足くらい同じものを購入してください。

そうすると、洗濯した後にいちいちペアを探すのってめんどくさいじゃないですか。

毎日1回洗濯する人ならいいのですが、大体2日から5日くらい洗濯を溜め込んでから洗う人が多いと思います。

そのときにいろんな靴下があると、探し当てるのに時間がかかってしまうのですが、全部同じなら適当に2つとればいいだけです。

続いて下着に関しては、ほとんどの人って下着を他人に見せることがないと思います。

つまりある程度、質が良ければなんでもいいんです。

もちろん勝負パンツという言葉があるように、こだわりを持っている人がいることも知っています。

ただそうでないならば、ユニクロで7着くらいまとめ買いして、1年くらい履き続けられます。

またなぜユニクロがいいのかというと、やっぱり傷みにくくて長持ちするんですね。

デザインもシンプルなものなので、ダサくなくてむしろ洗練されている感じすらします。

そういった意味で、ユニクロの極暖も絶対に買った方がいいと思います。

それでいてすごく暖かくて機能性がよく、値段もお手頃です。

富山県民でもユニクロ利用してる人多いと思いますが、ぜひ試してみてください。





4. スティック型掃除機

掃除機は簡単に分けるとするならば、「キャニスター型」「スティック型」「ロボット型」の3種類となります。

昔は吸引力に定評があるキャニスター型を使っていたのですが、コードがどうしても邪魔ですし、よくよく考えてみるとそこまで吸引力を必要とするゴミってないんですよね。

ロボット型に関しては、1番有名なのはルンバで、こちらはあまりモノが少ない家庭におすすめです。

この3つの中でも特にスティック型はコンパクトで、私はこちらを使っています。

キャニスター型だと見た目がよくないため、掃除機を片付ける部屋が必要でしたが最近のスティック型はオシャレですし、部屋のインテリアのように置くことができます。

そのためすぐに気になったら掃除をすることができ、最近だと吸引力もあるため、これで十分です。

スティック型に関しては、ダイソンというメーカーが有名ですが正直高いので、他のメーカーでもいいと思います。

私はマキタの掃除機を使用しており、安くて軽くて、サイクロン式なのでお手入れもしやすいです。

ソニーとかパナソニックでもなく、なぜマキタなのかというと、こちらは電動工具メーカーで機能性がいいんです。

ダイソンに次いで人気のロングセラー機種となっていますので、ぜひ新社会人の方に特におすすめですね。





5. 電気ケトル

もはや紹介するまでもないと思いますが、手軽に早くお湯を沸かすことができます。

最近は、コーヒー用にハンドドリップを行えるモノから、細かく温度調節ができるモノまでさまざまなモノが登場しています。

こちらも細かくは、プラスチック型・ステンレス型・ガラス型と3種類があって、基本的にはデザイン性の違いという印象です。

もういろんなメーカーがオシャレな電気ケトル出してるので、ちょっとどれ買うか悩むと思います。

ただあまりこだわりがなければ、フランスに本社を置く家電メーカー「ティファール」のプラスチック型が安くて軽くておすすめです。

値段も3000円くらいで、数年間は持ちますし、安くても空焚き防止機能や保温性も優れているため安心してください。

電気ケトルがどのような時に便利かというと、急にコーヒーや紅茶を飲みたくなったり、夜にカップラーメンを食べたくなったりしたときにすぐにお湯が湧きます。

特に朝は時間があまりないため、コーヒーを飲むために毎日使っています。

お湯を使った料理を作るときも、一度、電気ケトルで作ってからだとガス代の節約にもなりますね。




6. セラミックファンヒーター

暖房器具といえば、エアコンやコタツがあるのです、速暖性の高さでいえばセラミックファンヒーターがおすすめです。

特に私はデスクワークが多いので、寒いときは足元を暖めています。

冬の時期になると富山県ではよく火災が起きますが、大体ストーブが原因だったりするので、その点セラミックヒーターは本体温度や倒れた時に電気が切れるなど安全面で優れています。

よくよく考えてみると、昔って灯油を売りにトラックが家の周りまで来てませんでしたか?もう今は全然見かけないですよね。

そんなセラミックファンヒーターはいろんなメーカーが出しており、こちらも機能性というよりデザイン性で選ぶ人が多いと思います。

私が使っているのはアイリスオーヤマのモノで、確か5000円くらいだったと思います。それでいて、もう5年以上は使ってるかなぁ。

なので長持ちするということで、1万円くらいするしっかりとしたモノを買ってもいいと思います。

富山県の冬は天気が悪いので、何かと家で過ごすことが多いので、こういった電化製品があるだけで人生が豊かになります。





7. スノーブーツ

富山県の冬は雪が降るのはもちろん、融雪で地面がビチャビチャなことが多いです。

そんな時に長靴を持っていなければ、靴下が濡れて、その日のテンションは駄々下がりです。

ただ普通の長靴っておじいちゃんおばあちゃんが履いているようなダサいイメージじゃないですか。

実際に機能性はいいのですがダサい長靴が多いです。

そのため、最近だと長靴ではなくスノーブーツやスノーシューズというカテゴリーのモノが販売されています。

人気なのはカナダ生まれのシューズブランド SOREL(ソレル)で、デザインがかなりオシャレで長靴とは思えません。

それでいて防水・防寒がしっかりしているので、若い方にはソレルがおすすめですね。

また富山が発祥だからではないですが、ノースフェイスの履いてる人も多く見かけます。

高校生になるとティンバーランドが未だに流行ってますね。

これだけオシャレなモノを説明しておきながら、私はというとワークマンプラスで販売されている長続を使っています。

ただこちらもただダサい長靴ではなく、デザイン性もあって履いてて恥ずかしくありません。

また普通の長靴よりもすごく軽いので、私はこれを履いて立山登山に行きましたし、海岸清掃もこちらを使っています。

話は変わるのですが、富山県に住んでいたならばワークマンはすごい使えます。

とにかく安くて機能性が良くて、最近はデザインもよくなっているため、アウトドアするなら必ず行ったほうがいいです。

防水・防寒のアウターも1着あれば、釣りや外遊びに使えますし、ぜひユニクロ・ニトリの次にワークマンじゃないかと個人的に思ってます。





8. カード入れ付きスマホケース

こちらも富山に来てからずっと同じものを使っています。

そもそも私って財布をほとんど持ち歩かないので、スマホを財布代わりにしています。

今だとスマートフォン決済も進んでいますし、それができないところでもクレジットカード決済には大体対応しています。

「でも現金払いしかできないところもあるだろ?」という人もいますが、そういうお店には行かないようにしています。

サイゼリアも好きでしたが、現金払いしか対応してなかったので行くのをやめてしまいました。

どうしても必要な時がありそうですが、実際に財布を持ち歩かなくて困ったことはたぶん1年以上ありません。

思い出してみると、唯一パーキングエリアで現金が必要で、その時のために車の中に現金を常に置いています。

たまにコンビニとかで現金払いしている人がいますが、時間もかかりますし、ポイント還元もありません。

得しかしないのに、なぜ未だにキャッシュレス決済しないのか謎ではありますが、若い人ならおそらくみんな対応してるかと思います。

とにかく財布を持たない生活は、無駄な荷物が減るためすごい快適ですし、財布をなくす心配もありません。

数年後には現金だけでなく身分証明書などの物理的なモノが全てスマホで完結するようになるので、みなさんも今のうちに現金を使わない生活に慣れておいた方がいいかと思います。




9. カメラ

こちらは個人的な趣味になってしまうんですけど、最初に富山県に移住してきたときに本当にすることがなくて暇でした。

それでなんとなく友達でカメラ好きな人いたので、思い切って5万円の一眼レフを買ったんですね。

そしたら富山って景色が綺麗なので、いろいろ写真スポットがあることに気がついて、割と世界が広がりました。

また富山のいいところって人が全然いないところで、そこらへんで写真撮ってたとしても人目が気になりません。

結局、今こうやってYouTube撮影してるのも、移住してきた時にカメラを購入したことがきっかけで、そこから富山のことを発信していって今に至ります。

そのためカメラという縛りはなくても、趣味というか自分が好きなものは見つけた方がいいですね。

それがないと本当に働きに行って、休日は家でぼーっとしてたら何のために働いて生きてるんだろうってメンタルやられます。

カメラがなかったらちょっとやられてたかもしれないと言って過言ではありません。

あと話変わるんですけど、富山って東京や大阪と違ってイベントもそんな開催されてないですし、遊びに行く場所も限られています。

そのため受け身ではなく攻めの姿勢で楽しみを見つけていかないと面白くありません。

同じ趣味を持った人たちでコミュニティもできて、会社以外の繋がりもできるので、釣りでもキャンプでもドライブでも、何でもいいのでやってみてください。





10. Amazon Prime

先ほどは何か趣味を見つけろと言ったのですが、無理に見つける必要ありません。

なぜなら家でも十分楽しめるからです。

サブスクリプションの動画サービスといって、有名どころだとNetflixやHulu、Amazon Primeで月額いくらかお金を払えば映画やドラマが見放題になります。

正直、全部に課金したわけではないので、どこがおすすめかってわからないんですけど、私はAmazon Primeに入っています。

そして、これだけで十分、いや十二分に楽しめます。しかも月額500円程度です。

最初はドキュメンタルといって、松本人志さんが主催している「お笑いの総合格闘技」を見たのですが、これがもうテレビでは見ることができない最高のエンターテイメントでした。

同じAmazon Primeオリジナルとして、バチェラーも流行りましたよね。

このように、Amazon Primeでしか見ることができない動画もそうなのですが、いろんな映画やドラマ、アニメが月500円で見放題です。

もう課金しないわけにはいきませんし、ツタヤで映画を借りている場合ではありません。

どうしても見たい映画があれば、だいたい有料で販売されていますし、無料で見れる映画だけでもどんどん追加されていきますので、もういくら休日があっても追いつけません。

このように好きな時に好きな動画が見れるという意味で、最近だとテレビというデバイスを使ってYouTubeとAmazon Primeしか見てないといって過言ではありません。

無料体験期間もありますので、ぜひ騙されたと思って入ってみてください。仕事終わりの夜や休日が一気に楽しくなります。




まとめ

ということで今回は、富山に住んでいて買って良かった生活用品を紹介していきました。

これは正直、個人的に今でもずっと使ってる商品であって、人によっては反対意見もあるかと思います。

ただそこはその人なりにアレンジして使っていただければ、いいのかと思います。

どれか1つでも参考になったと思ったら高評価ボタンとチャンネル登録の方もよろしくお願いします。

ありがとうございました。

関連記事一覧