• HOME
  • ブログ
  • お金
  • 【今すぐ確認】富山県民なら知らないと損してるかも?お金・ポイントの話

【今すぐ確認】富山県民なら知らないと損してるかも?お金・ポイントの話




どうも、サクラです。


突然ですが「お金の悩み」って尽きないじゃないですか。

毎月お金が振り込まれるはずなのに、気付いたら使い果たしてる人多いと思います。

そこで今回は、無理せず節約できる裏技をみなさんに紹介したいと思います。

こんなこというと怪しい商品を売り込まれると思われますが、商品を売ったり勧誘することはありません。

むしろ多くの富山県民が損をしている可能性が高いです。

ということで、誰でも簡単に、しかも無理することなく節約できる方法が5つあるので紹介したいと思います。

目次


1. ほくリンクに登録
2. Prego Clubに登録
3. PayPayで支払う
4. 楽天カードで支払う
5. ふるさと納税


1. ほくリンクに登録

おそらくほとんどの富山県民が、北陸電力を利用していると思います。

もしそうであるなら『ほくリンク』には必ず登録しましょう。

ほくリンクとは、北陸電力が運営しているサービスなのですが、登録するだけで200ポイントが貯まります。

そして電気料金の明細をwebにするだけで毎月50ポイントたまります。

はっきり言って、電気料金の明細なんてゴミになるだけなので、それだけで一石二鳥ですね。

1番の売りは「電気deポイントプラス」で毎月の電気料金に応じて自動でポイントが貯まります。

つまり何が言いたいかというと、1度登録手続きをしてしまえば、勝手にポイントが貯まっていく仕組みになってます。

貯まったポイントは富山県内のいろんな施設で利用することができます。

大和や原信など1000ポイントで1000円分の商品券と交換でき、私はいつも大阪屋ショップの商品券と交換しています。

ほくリンクは、ポイントが貯まるだけじゃなく前年の電気料金を比較したりできるので、すごく便利なサービスです。






2. Prego Clubに登録

日本海ガスを使っている人なら『Prego Club』というweb会員サービスがには必ず登録しておきましょう。

こちらも登録するだけで、ガス使用量に応じて勝手にポイントが貯まっていきます。

まず入会するだけで500ポイント、個人情報登録で100ポイントもらえます。

そして、毎月のガス料金お支払い1,000円ごとに5ポイントもらえます。

さらにアンケート回答やイベント参加など、ポイントの貯め方がいろいろあります。

ポイントは様々な飲食店で使うことができ、スーパーだと大和かアピアの2択です。

個人的にはラ・メゾン ド ジュンというケーキ屋さんが好きなので、いつもそこでポイント購入しています。






3. PayPayで支払う


画像引用 「富山市」より

PayPayはソフトバンクとヤフーが作ったスマートフォン決済システムです。

このPayPayでお金を支払うと、何もしなくてもポイントが還元されて、そのポイントでまた商品を買うことができます。

2020年12月現在は、1.5%のポイント還元となってますが、たまに大規模な還元キャンペーンもやっています。

なぜ富山県民のみなさんにPayPayをオススメするのかというと、県内の様々な市町村で還元キャンペーンをやっているからです。

これはコロナによる地域経済活性化を図る意味で補助金が発生しており、12月だと南砺市が20%還元キャンペーンをしています。

そしてなんと2021年の1月から富山市が20%還元キャンペーンを行います。

還元の上限は1回の買い物で1000円、累計で5000円とのことで、つまり2万5千円買い物すれば5000円返ってくる計算です。

そもそもまだPayPayアプリをダウンロードしてない人は、ぜひこの機会に使ってみてください。




4. 楽天カードで支払う

楽天カードは11年連続顧客満足度第1位で、なんといっても年会費無料なので作って損はありません。

富山県民になぜオススメかというと、ただでさえ楽天ユーザーが多いのですが、富山でも楽天ポイントが貯まるお店がいっぱいあるからです。

1番身近なのは大阪屋ショップで、ポイントが数倍になる日があります。

あとは、マクドナルドやミスタードーナツ、出光サービスステーションなどいろんなところでポイントが貯まります。

そもそも私は楽天ヘビーユーザーなので、2012年から社会人になって利用し初めて、累計36万ポイントもゲットしています。

これ本当にすごくないですか?

私自身なにか特別なことをしてないんですけど、勝手にポイントがこれだけ貯まっていきました。

もちろん楽天でパソコン買ったり、車検したり、株買ったりしてお金すごいつぎ込んでるんですけど、不必要な買い物はしてないので無理せずポイントが貯まっていきました。

年会費無料なので損することはなく、普段使いのクレジットカードにも利用できるので、ぜひ1枚作っておくと便利かと思います。






5. ふるさと納税

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。

『ふるさと納税』という言葉がだいぶ浸透してきたかと思いますが、まだまだやったことがない人が多いと思います。

ただ調べてみると、実質タダ同然で地域の名産品がもらえるシステムとなっています。やらない手はありません。

手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

簡単に言ってしまえば、何もしなかったらただただ納税するだけに消えてしまうお金が、ふるさと納税を行なえばお礼がもらえるということです。

サラリーマンでも簡単に行うことができ、私は楽天ヘビーユーザーなので楽天ふるさと納税で説明しますが、年収に応じて実際に納税額がいくらくらいになるのかシミュレーションしてくれます。

すると自分がいくらまで寄付ができて、商品が買えるかがわかります。

そして楽天の恐るべきところは、ふるさと納税にも楽天ポイントが付くんです。

大事なことなのでもう一度言うと楽天ポイントが付くんです。

楽天は登録してるサービスによってポイント還元率が異なってきますが、私8%還元なので、10,000円寄付すると800ポイントも返ってきます。

つまりほぼタダどころか、ふるさと納税するとプラスマイナスプラスになるという現象が起きます。

やり方わからないって人もリンクを載せてますので、ぜひこの機会にやってみてください。






まとめ

ということで今回はちょっと角度を変えて富山県のことを紹介していきました。

だいたい損してる人って、あまり調べずに手続きする人が多いと思います。

例えばスマホの通信費もSIMフリーにしたらすごく安くなるのに、よくわからずお店で手続きする人がいます。

確かにお店の人に任せれば簡単にできますが、その分人件費がかかって、無駄なサービスまで契約させられる可能性があります。

まずはしっかり調べる。そして、めんどくさいけどいくつか手続きを自分で済ませれば、あとはずっと固定費が安くなります。

こういうお得なことって、最初のハードルが高いんですよね。

今回は5つ紹介しましたが、どれか1つでも参考になったと思ったら高評価ボタンとチャンネル登録の方よろしくお願いします。

ありがとうございました!

関連記事一覧